ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

錦織、本田…超一流プレーヤーはなぜ最高のパフォーマンスを残せるのか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 アジア出身の選手で初めての歴史的快挙ということで、錦織圭選手のグランドスラム決勝進出に日本中が熱狂しました。とくに準決勝の試合終盤での長いラリー。どんな球もミスをしないという錦織選手のプレーは圧巻。
 よくアスリートはよい集中状態のことを“ゾーンに入る”といいますが、錦織選手のプレーはまさに“ゾーン”そのものだったと、誰もが感じたのではないでしょうか。

 ところで、そもそもこの“ゾーンに入る”とは、どういうことなのでしょうか。順天堂大学医学部教授で、日本体育協会公認スポーツドクターでもある小林弘幸先生に話を聞きました。

「“ゾーンに入る”とは、自律神経が最高に整ったいい状態のことをいいます。交感神経と副交感神経が1:1のバランスで整った時のことです。例えば、野球選手がピッチャーの投げた球が止まってみえるように感じたり、自分のプレーを第三者的に俯瞰できるように感じること。ほどよい緊張の中、固くなり過ぎずに最高のパフォーマンスを出すことができます」(小林先生)

 この“ゾーンに入る”ことは、なにもスポーツの場だけのことではありません。日常生活でも経験することができると小林先生は言います。

「自律神経を整えると、健康にいいだけではなく、体のパフォーマンスが上がります。アスリートはもちろん、私たちにも必要なことなのです。私たちで言えば、仕事に熱中して周りの雑音が気にならなくなる、時間が経つのを忘れてしまう。これもゾーンに入ったということでしょう。そして、そのような状態にもっていくためには、ストレスで崩れている自律神経のバランスを、毎日意識的に整えることが大切です。そのために、みなさんにおススメしている、とっておきの方法が“日記を書くこと”です」(小林先生)

 小林先生は、近著『「3行日記」を書くと、なぜ健康になれるのか?』(アスコム/刊)で、この日記の書き方、そしてその医学的根拠をやさしく解説しています。
 日記を書くことは、日々の感情で“グレー”にしている部分を明確にする行為です。人は不明確な部分をストレスと感じます。日記でそのグレーの部分を書きだし、明確にすることで、ストレスを引きずらなくてすむのです。

 サッカーの本田圭祐選手が、今でも毎日書いていると話題になった“夢ノート”も日記のひとつ。やはり一流の人は、意識的に自律神経をコントロールする方法を知っているのでしょう。およそ9割の人は、自律神経が乱れているというストレス社会。“ゾーンに入る”とは言わないまでも、まずは日記を書いて、日々のパフォーマンスを上げてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
阪神・金本に見る、“優秀なチームメンバー”の特徴
リーダーの極意は「ネガティブ発言」
スポーツドクターが明かす“あきらめる”ことの大切さとは

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP