ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「CLANNAD」、「true tears」といった数々の名作アニメ / ゲームの主題歌を手掛けてきたeufoniusが、大ヒット作『frasco』をDSD(1bit/5.6MHz)でリリース。9月19日(金)のOTOTOY独占配信に先駆け、本日より予約注文が開始された。

『frasco』は、今年1月に発表された通算14作目のアルバムで、3月からハイレゾ配信(24bit/96kHz)が開始されるとともに、アニソン / ゲーソン・ファンのあいだで大きな話題を呼んだタイトルだ。ヴォーカルriyaの美しく透き通る歌声、そして生楽器をふんだんに使った高音の響き、そのサウンドのどこを取っても、絶対にハイレゾで楽しむべきと断言できる。

そんな同作が、このたびさらなる高音質で解禁。コンポーザー / プロデューサーである菊地創が厳選した5曲を、OTOTOY独占、デジタル・フォーマットにおける最高音質と言われるDSDでお届けする。今回リリースされるのは、ミックスダウン後にいかなる変換も施されていないマスター音源で、いわば“生”の『frasco』。しかも、配信パッケージにはDSDのみならず、24bit/192kHzのALAC/FLAC/WAV(購入時に選択可)まで付属する。

高音質音源が日々普及し、玉石混淆とも言える状態になりつつある今日、これぞハイレゾのためのハイレゾとも言うべきマスターピースが誕生した。(長)

■予約はこちらから!!
eufonius / frasco [DSD master] (5.6MHz dsd + 24bit/192kHz)
http://ototoy.jp/_/default/p/45389

■24bit/96kHz版はこちら
eufonius / frasco (24bit/96kHz)
http://ototoy.jp/_/default/p/40992

■『frasco』の特集ページはこちら
http://ototoy.jp/feature/2014031100

—–

eufonius
音楽の専門学校を卒業後、20歳よりCM音楽、ゲーム音楽の制作に携わってきた作編曲家の菊地創。短大の音楽科を卒業後、鍵盤の講師をしながら音楽活動を続けていたヴォーカリストのriya。そんな2人が、ホームページにアップした楽曲をきっかけにネット上で意気投合し、eufoniusを結成。PCゲーム「CLANNAD」、TVアニメ「true tears」、TVアニメ「ヨスガノソラ」の主題歌を手掛けるなど、主にアニメ / ゲーム音楽のフィールドで活動し、高い評価を得ている。

■OFFICIAL HP
http://www.eufonius.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP