ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プーチンのウクライナの責任強調発言を佐藤優氏が読み解く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ウクライナ東部でのマレーシア機墜落から1か月あまり。欧米側、露側から対極の情報が発信され、情勢把握は困難にある。一体、何が起きているのか。元外務省主任分析官・佐藤優氏が絡まり合った糸を一つ一つ解きほぐし、ウクライナ問題の現況を解説する。

 * * *
 7月17日午後4時20分(日本時間午後10時20分)頃、ウクライナ東部のドネツク州でマレーシア航空MH17便(機種はボーイング777)が連絡を絶ち、墜落した。
 
 中立的な立場から墜落の原因を調査しているICAO(国際民間航空機関)からの正式発表はなされていないが、これまで報道された情報を総合すると、ドネツク州の一部を実効支配している親露派武装集団が、ウクライナ政府軍の軍用機と誤認してマレーシア航空機を地対空ミサイルで撃墜したことはほぼ間違いない。
 
 本件に関して、米国はNSA(国家安全保障局)によるシギント(通信傍受など電磁波、信号などを用いたインテリジェンス活動)で、地対空ミサイルの発射地点、親露派武装集団関係者の電話連絡やメールでの通信に関する情報を持っている。ロシアのシギント能力は、米国に比べるとはるかに劣る。
 
 ただしロシアの国益上重要なウクライナ東部に精力を傾注しているので、マレーシア航空機についてはNSAと同レベルのシギント情報を持っていると筆者は見ている。
 
 さらにロシアは、この地域のヒュミント(人間によるインテリジェンス活動)においては、米国をしのぐ情報を持っている。ロシアも米国も、自らが持つ情報をそのまま開示するようなことはしない。それぞれの国が自らに都合が良い部分を開示し、都合の悪い部分を隠している。さらにこれに稚拙な情報捏造を行うウクライナが絡んでいるので、ただでさえ複雑な話が一層複雑になっている。
 
 ロシアのプーチン大統領は正確な情報を踏まえた上で親露派が撃墜したと認識している。墜落当日の夜、モスクワ郊外のノボ・オゴリョボの大統領別荘で行われた経済関係会合の冒頭で、プーチン大統領は、参加者に1分間の黙祷を求めた後、「あの地が平和だったならばこのような悲劇は起きなかったことを指摘する。

 いかなる場合においても、ウクライナの南部と東部で戦闘行為を再開させてはならない。そして、当然のことながら、この悲惨な悲劇に対する責任は、それが起きた領土が属する国家が負う」と述べた。
 
 プーチンは、「悲劇に対する責任は、それが起きた領土が属する国家が負う」とウクライナの責任を強調したが、これは、主権国家は領空で起きたことについて責任を負うべきであるという国際法の一般論を述べたに過ぎない。プーチンが「ウクライナ側が撃墜した」と主張していないことが重要だ。
 
 さらに7月21日、プーチンは、ビデオメッセージを発表し、「6月28日にウクライナ東部で軍事行動が再発しなければ、この悲劇は、恐らく起きなかったであろう」と述べた。
 
 プーチンのこの発言を筆者なりに解釈すると、〈ウクライナ政府が、同国東部の反政府武装勢力に対して空爆を行わず、対話により、連邦制を導入していれば、内戦は止んだはずだ。
 
 それならば、武装勢力も地対空ミサイルをロシア軍もしくは武器の闇市場から入手する必要はなかった。自国の領空を実効支配することができていないウクライナ政府の責任を過小評価してはならない〉という意味だ。

 プーチンは、欧米諸国とのインテリジェンス戦争で、ロシアが守勢であると認識している。それだから、まずロシアの国内世論を固めることに精力を傾注している。

※SAPIO2014年10月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ロシア通記者が露大統領再登板のプーチンの実像を記した本
佐藤優氏 ウクライナ情勢がいかに日本に影響与えるかを解説
最終的にウクライナが四つに分裂する可能性を大前研一氏指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP