ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最大高低差568メートル?ノブコブ吉村が「ヤフートレンドコースター」体験で涙目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月11日、東京・お台場にある東京レジャーランド4F特設会場で、バーチャルジェットコースター「ヤフートレンドコースター」の発表会が行われた。

Yahoo! JAPANは、現在「アート&テクノロジー」をテーマに新しいインターネット広告展開をしているが、その第1弾として、昨年9月、音声入力したキーワードを3Dプリンターから出力できる「さわれる検索」を発表。同社は、第2弾として、今回「ヤフートレンドコースター」を公開した。

ヤフートレンドコースターは専用のヘッドマウントディスプレイを使って、バーチャルにジェットコースターを体験できるアトラクション。ツイッターやフェイスブックなどで話題になっている検索ワードの投稿件数をグラフ化し、その起伏がそのままコースに反映される仕組みだ。つまり、注目度の高い検索ワードを設定すると、起伏の激しいコースに、そうではないワードを設定すると平坦なコースになってしまうというわけ。

発表会では、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの二人がアトラクションの体験者として登壇。
コンビの一人・吉村崇は「スリルを求めてやってきました」と意気込みを語る一方、相方の徳井健太は「コップの水滴がつかないようにするのは大事」と”コースター”に引っ掛けたギャグを飛ばし会場を湧かせていた。

吉村が選んだキーワードは「テニス」。錦織圭選手の活躍もあってか、起伏の激しいグラフが表示された。体験中、吉村は「実はジェットコースターは苦手なんです」とカミングアウトし、ヘッドマウントディスプレイを外そうとする一幕も。

体験終了後、徳井が「今の最大高低差は568メートルだった」と解説すると、涙目ながらに吉村は「とんでもない急角度だった。ちょっとなめてました」と感想を述べた。

また、アトラクション体験中、ジェットコースターのコースには、設定ワードに関連したワードや画像などが飛び交い、世の中の人がどんな投稿をしているかがわかるのだ。

最後に吉村は、「相当楽しかった。これなら小さなスペースでも体験できて、どこでも世界一のコースターに乗ることができる。なかなか破天荒でした」と締めくくった。

なお、「ヤフートレンドコースター」は、9月15日まで東京レジャーランド3Fの特設会場にて体験することができる。また、9月17日と18日に東京国際フォーラムで行われる「アドテック東京2014」でも出店予定だ。興味がある方はこの機会に体験してみてはいかがだろうか。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP