ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、4.6インチディスプレイを搭載した2画面折りたたみ式Androidスマートフォン「SM-W21015」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は「SM-W2015」の型番の下で画面が 4.6 インチに拡大した新しい 2 画面折りたたみ式 Android スマートフォンを開発しているようです。この型番が GFX Bench の公式サイトに登場しました。SM-W(旧SCH-W) シリーズは、以前より 2 画面折りたたみ式スマートフォンにのみ割り当てられてきたので、今回の「SM-W2015」も同じ形状の機種になると思います。SM-W2015 の詳細については、Android 4.4.4 (KitKat)、4.6 インチ 1,280×768 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 801 2.5GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラを搭載しています。前作(SM-W2014)のディスプレイサイズは 3.7 インチ 800×480 ピクセル(WVGA)だったので、SM-W2015でサイズは拡大し、解像度も向上しています。内部仕様は Galaxy S5 相当ですね。SM-W2015 はインドの輸出入情報を公開している Zauba のデータベース上でも確認されており、この型番の機種が開発されていることはほぼ確実です。Source : GFX BenchZauba


(juggly.cn)記事関連リンク
Android L・Intelプロセッサを搭載した「ASUS Nexus Player」の噂
Samsung、Galaxy Note EdgeとGear Sを9月18日よりGalaxy Shopで先行展示
楽天グループ企業の無料チャットアプリ「Viber」のAndroid版にビデオ通話機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP