ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カブトムシアイス」にかわり、秋を感じる「まるかじりトンボコルネ」登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月末までの夏グルメとして話題沸騰となった「カブトムシアイス」にかわり、秋の風物詩トンボをイメージしたスイーツ「まるかじりトンボコルネ」が、広島県庄原市の国営備北丘陵公園内レストラン国兼にて、9月13日~10月19日(予定)までの期間限定で登場する。

同公園では、10月19日まで、自然を体感できるさまざまなイベントを行う「2014庄原さとやまプロジェクト」が開催されている。

1日20個限定「まるかじりトンボコルネ」(500円)は、秋の空を飛ぶトンボをモチーフとしたコルネ型スイーツ。庄原を味わってもらうため、庄原の食材をふんだんに使用した、シェフ自慢の一品だ。

ベースとなるコルネは、庄原を代表する土産菓子「乳団子」の元祖「和泉光和堂」のコルネ。頭は庄原産の米粉を使用した団子、目は庄原産の無農薬ブルーベリー、羽は庄原産の古代米糖化液配合のクッキー、尾はスティック状焼き菓子となっている。

この時期備北丘陵公園ではコスモスが見頃を迎えるという。見て楽しい、食べておいしい「まるかじりトンボコルネ」と一緒に、秋を感じてみて!詳しくはこちら(http://satoyama-p.com/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP