ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツのオススメ土産「アンペルマン」グッズが人気急上昇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツのお土産としてパッと思い浮かぶものといえば・・・
マイセン(陶器)、シュタイフ(テディベア)、リモワ(スーツケース)、ヘンケルス(キッチンはさみ)、くるみ割り人形、ベルリンの壁(の破片)、文具各種
ヨーロッパの他国に比べると、なんとなく “硬派” なお土産が多い。
これに最近、新たなブームとなっているのが「アンペルマン」グッズの数々だ。
アンペルマンは、東西冷戦時の東ドイツで信号機(アンペル)から生まれた、赤と緑のランプの中に描かれている男の子のこと。この信号機自体、だんだん数は減っているものの、今でも旧東ドイツ領内で見かけることがある。
このアンペルマングッズは、ベルリンにある雑貨店「Ampelmann」のほか、近ごろやベルリン中央駅やベルリン・テーゲル空港の土産店などにも置いてある。グッズの種類もどんどん増え、Tシャツ、ステッカー、マグカップ、メモ帳、エコバッグ、ショルダーバッグ、マグネット、ポストカードなど。気軽に買えるドイツ土産としても定着しつつある。
東ドイツだったころの名残とはいえ、アンペルマンは今見てもとてもキュート。中には、アンペルマンの女の子バージョン「アンペルフラウ」も実在する。ドイツでのお土産選びに困ったら、アンペルマンのグッズ各種はおすすめだ。
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
チェコのスタバがかわいすぎる「ハリポタ」の世界!
【イタリアレポート2014】ナポリの“ピザ”を食べてから死ね! 現地で食べたレポ
【チェコレポート2014】チェコで見られる“RUNNING SUSHI”(回転寿司)ブーム

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP