ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水洗いしてもOK? スニーカーを長持ちさせる、お手入れ方法とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近のランニングブームで、スニーカーを愛用している人も多いのではないか? 少しでも長く履きつづけるために、今回はスニーカーの正しいお手入れ方法を紹介しよう。

水洗いできるスニーカーの素材は限られているので、要注意!

そこで、スポーツ用品店での勤務経験がある岩元一平さんに、スニーカーの正しいお手入れ方法を聞いてみた。

スニーカーの素材をチェック!

スニーカーの取り扱い説明書。よく見ると素材表示が書いてある

スニーカーと一言でいえども、キャンバス地だったり、スウェードだったり、素材はさまざま。素材に合った手入れ方法をしないと、汚れが落ちないどころか、スニーカーが痛んでしまう場合がある。素材は、購入した際に付いている取り扱い説明書などに書いてあるので、確認しよう。

ここからは、素材別のお手入れ方法を紹介しよう。

ナイロン、キャンバス地

ランニングシューズに多いナイロン系(合成繊維)や、キャンバス地(天然繊維)は水洗いOK。あらかじめ紐と中敷は外しておき、洗濯表示がある場合は洗剤の指定がないか確かめておこう。

洗い方は、水をつけたブラシで汚れを落としながら洗う。洗剤を使う際は、靴用洗剤の方がシミになりにくい。靴用洗剤がない場合は、中性洗剤でも代用できる。洗いが終わったら次はすすぎ。スニーカーの手入れも重要な工程だ。水をつけたブラシでスニーカーをこすりながら洗剤をしっかりと落としていく。洗剤が残っていると、黄ばみの原因になるので要注意。洗った後は、新聞紙や布など、吸水性の高い紙を詰めて、形を整えてから風通しの良い日陰で乾燥させよう。

合成皮革

水で丸洗いすることもできるが、水を含むと表面がひび割れしたり、劣化が早まったりする可能性がある。柔らかい布をぬるま湯に浸し、よく絞ってから表面を水拭きするのがオススメだ。それでも落ちない汚れは、専用の靴用クリーナーで汚れを落とそう。

天然皮革の表皮

スニーカーであまり見ない素材だが、カンガルー皮のスパイクなども天然皮革。最初に専用ブラシで汚れを取り除いた後は、専用クリームを布につけ、スニーカー全体に塗って汚れを落とす。柔らかい布で余分なクリームを拭き取りながら、よく磨いて仕上げよう。

天然皮革の裏皮(スウェード)

水は使わず、専用ブラシ、またはスウェード用の汚れ落としのゴム素材でこすりながら、汚れを丁寧に取り除く。それでも落ちない汚れは、専用クリーナーを使用しよう。

どの素材も、水洗いを したり、クリーナーなどで磨いたりしたら、風通しの良いところで陰干ししよう。直射日光やドライヤー・乾燥機などの熱での乾燥、脱水機の使用は、変形や劣化、色落ちの原因になるので止めよう。仕上げに素材に合わせた防水スプレーをすると、水だけでなく、汚れもつきにくくなる。長くキレイなまま愛用できるよう、正しいお手入れを続けよう!

(平野友紀子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP