ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パズルガールズ、決死の新宿LOFTワンマンで新曲発売&レコ発シークレット・ライヴ発表——OTOTOYライヴ・レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

謎解きアイドルのパズルガールズが、9月10日に東京・新宿LOFTでワンマン・ライヴ〈パズルガールズ決死のワンマンライブ! “もう謎目当てなんて言わせないっ”〉を開催。12月3日に4thシングルを発売、同日にそれを記念したライヴを行うことを発表した。

パズルガールズにとって最大キャパとなる新宿LOFTでのワンマンは、入場時に謎が書かれたセットリストが配られるなど、開演前から彼女たちらしい演出が満載だった。ライヴがスタートすると、1曲目「世界はパズルで出来ている! 」の終了直後に、メンバー数人が殺されるといういきなりのハプニング(演出)。死んだメンバーを生き返らせ、ライヴを続行するためにお決まりの謎が出題される。ゲーム「ぷよぷよ」や大玉転がし、組み体操のピラミッド、ダイブ、スクワット、オタ芸、最後はTHE BLUE HEARTSの名曲「リンダ リンダ」を大合唱するなど、観客の力を借りてなんとかすべての謎と課題をクリアし、ライヴは再開した。

「?(クエスチョン)」「nerve」と勢い全開で再開したライヴは、「女の子の片想いの気持ちを歌った純粋な恋愛ソング」という新境地に挑戦した新曲「HAPPY BIRTHDAY」を初披露するなど、ワンマンらしい盛りだくさんなセットリスト。このまま順調にライヴは終わるのかと思いきや、終盤の「脱出応援歌」終了後、お馴染みの怪しげなBGMとともにプロデューサーの吉村さおりが登場。12月3日に、「HAPPY BIRTHDAY」と絶賛製作中の新曲「愛されたい! 」を収録した4thシングルの発売と、同日にシングルの発売記念ライヴを行うことを発表した。このライヴの場所は、なんと秘密。事前にCDを予約して謎券をゲット、そこに書かれた謎を解かないと会場にたどり着けないという、なんともサディスティックな仕掛けになっているらしい。こんな高いハードルを設けながら、会場は「すごくいい場所を押さえている」とのことなので、ぜひとも謎を解いてライヴに参加してほしい。吉村は「せいぜい謎を解いて来るがいいさ! 」と言い残し去っていった。

ライヴはその後、メンバー全員で「ここにいてね」を披露し本編終了。アンコール3曲を含め全14曲を歌いきり、約2時間のワンマン・ライヴは幕を降ろした。ソールド・アウトとまではいかなかったものの、前回の渋谷PLUGのワンマンと比べて倍以上の集客があったとのこと。はじめて彼女たちのライヴを観にきた人も多数いるなか、観客を巻き込んだ演出や、キレを増したダンスや歌に多くの人が満足できたのではないだろうか。

シングルの発売やレコ発ライヴも楽しみだが、その前に彼女たちは、よみうりランドでの〈謎解きアイドルフェスティバル〉という大きなイベントが控えている。こちらは、キャパ1000人というだけでなく、対バンにプラニメ、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ! という人気アイドルを迎える。パズルガールズがこの場でどんなパフォーマンスをするのか。そしてそれは、数々の濃いアイドルを観てきたであろう対バン目当ての観客に受け入れられるのか。こちらのイベントも、楽しみにしておこう。(前田将博)

〈パズルガールズ決死のワンマンライブ! “もう謎目当てなんて言わせないっ”〉
2014年9月10日(水)新宿LOFT

1.世界はパズルで出来ている!
2.?(クエスチョン)
3.nerve
4.HAPPY BIRTHDAY
5.おしえて! 恋のプロトコル
6.きみとぼくのうた
7.カジノロワイヤルにようこそ
8.ぴか☆きら
9.START!
10.脱出応援歌
11.ここにいてね

E1.?(クエスチョン)
E2.絶対、、、神様~アイドルプラネットのテーマ
E3.脱出応援歌

・パズルガールズ、松隈ケンタ、プロデュース楽曲を含む2ndシングルを先行ハイレゾ配信
http://ototoy.jp/feature/2014072305

・パズルガールズ オフィシャルサイト
http://puzzle-girls.tumblr.com

パズルガールズpresents〈謎解きアイドルフェスティバル~このライブ、事件です~〉
2014年10月13日(月・祝)よみうりランド遊園地内 日テレ らんらんホール
時間 : 開場 12:00 / 開演 12:30
料金 : 2500円(税込)※よみうりランド入園料込
出演 : パズルガールズ、プラニメ、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP