ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ありそうで意外となかった? 曲がった「アレ」にtwitter民も大興奮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

それ自体は見慣れているハズなのに、その 形や色などの見た目が変わっただけで、全然違うものに見えることもしばしば。現在、twitter上を中心に話題となっているのは、そうしたアイテムの1つだ。

ご覧頂ければおわかりのように、このエスカレーター、世にも珍しい「曲がりエスカレーター」。我々がしばしば目にする一直線型のものとは違い、美しいカーブを描いている。そのため、ネット上からは、

「まじかwwww」
「すげえwwww初めてみたわ」
「こんなのあるなんて知らなかったわ」
「こんなにまがってるのはじめてみました!!」
「動いていること自体が不思議wwww」
「床を戻すときどうやって巻き取ってるんだろう?」

…と、驚きの声とともに、「本当に動くのか?」とその稼動について疑問視する声が。

実はこうした「曲がったエスカレーター」(正式名称:スパイラルエスカレーター)は、たしかに珍しいものの、ネット上の情報をまとめてみると、国内では横浜のランドマークタワーを筆頭に、全36箇所存在しているという。ただし、この特殊な形状のエレベーターを制作できるのは、世界でたった一社・日本の三菱電機のみ。そうした意味でこの「曲がったエスカレーター」、充分に珍しく、世界に誇れる日本のテクノロジーの結晶と言えそうだ。

文・島田克彦

■参照リンク
・参照元ツィッター
https://twitter.com/banb_ko/status/508976399252606976/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP