ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ある意味正しいが…あまりにおかしな事故物件情報に当惑の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ある意味正しいが…あまりにおかしな事故物件情報に当惑の声

居住者が事故や事件に巻き込まれたり、自然死したりした際に発生する不動産の「事故物件」。そうした物件の情報をユーザーが投稿し、情報を共有することで有名な人気サイト『大島てる』に、最近になっておかしな情報が相次いで投稿されたことが、ネット上で注目を集めている。

その「おかしな情報」とは、歴史上の変事などが起きた場所の情報で、たとえば、京都の本願寺周辺には、変の起きた日付と共に、「本能寺の変により織田信長死亡」の文字が。比較的近い日付と「絞殺」「火災により死亡」などといった文言が投稿される同サイトのマップの中では、明らかにおかしな記載だ。これに対しネット上からは、

「完全にネタですよねw」
「関が原付近、2万人死亡とか書かれそうだな…」
「事故物件じゃねーだろwwwww」
「ひどすぎるwww」
「これじゃまともな情報が埋もれるじゃんか…」
「せっかくの良サイトなのに…」
「すごいね!まさに炎上」

…と、あからさまにそれとわかる「ネタ」の投稿に、呆れ声半分、当惑の声半分といったところ。

本来、このサイトを利用する人々の多くは、自分がこれから買ったり借りようとしている物件に、何らかのアクシデントがこれまで発生していないか?といった情報を求めて閲覧するもの。そうした意味で言えば、こうした「ネタ」投稿、出オチの1発ギャグと思えば面白いが、いささか考えものと言わざるを得ないだろう。

文・葛西敦規

■参照リンク
・参照元ツィッター
https://twitter.com/VoodooPeople_m/status/508946343130181632/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。