ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一人旅好きの角田光代が旅情誘う各地での挿話綴ったエッセイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『降り積もる光の粒』角田光代/文藝春秋/1300円+税

 若い頃の貧乏旅行から、取材旅行を含め、今も頻繁に旅に出るという著者。なかでも特にひとり旅が好きだという。なぜなら〈何をうつくしいと思い、何をきたないと思い、何をおいしいと思うか、自分自身を信じるしかない。そうすると、自分ですら知らなかった、まったく新しい自分に、出会えることも多いのである〉。

 旅情を誘う各地でのエピソードを綴ったエッセイのほか、途上国の少女たちを救うキャンペーンで訪れた国のリポートも収録。

※週刊ポスト2014年9月19・26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
買い物難民の現状や買物支援、各地の取り組み等を紹介した本
浅田次郎がチェルノブイリや盛岡等世界各地を周ったエッセイ
日中間の不和の理由は「似た者同士との錯覚」があるから

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。