ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真やビデオを家族・友人と持ち寄って共有できる無料アプリ「Seahorse」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅行やイベント、あるいは日常のシーンをスマートフォンで撮影する人は多いだろう。そうした写真やビデオを家族や友達と見せ合うとき、あなたはどんな手段を用いているだろうか。

メールで送り合ったり、アルバムアプリやソーシャルネットワークを活用したりするのが常道だと思うが、サンフランシスコのスタートアップが開発したアプリ「Seahorse」の活用も選択肢に入れてもいいかもしれない。

■参加者全員で写真を共同所有

Seahorseのコンセプトは、イベントなどに参加した人がそれぞれ撮った写真やビデオを全員で共同所有する、というもの。

例えば、仲間とバーベキューをしたとする。参加者はそれぞれの端末で、そしていろんな角度や視点で撮影するだろう。Seahorse内に「バーベキュー2014」などとタイトルをつけたアルバムフォルダをつくり、各人がそこにアップロードすると参加者は自由に閲覧できる。

面白いのは、誰かが撮ったもので自分の顔がひどい写りだったら、アップロードから1週間以内であればその写真をアルバムから削除できること。そうして仲間全員が納得したアルバムがアーカイブ化される。

■日時や場所で検索可能

その他にも、自身が所有する写真やビデオを位置情報に基づいてマップに表示したり、「1年前の今日の写真」を表示させたりできる機能がある。撮影日時や撮影場所、アルバム名、国などでフィルターをかけて検索できるのも便利だろう。

写真は端末のカメラロールからだけでなく、FacebookやInstagram、Dropboxなどからも取り込めるようになっている。インポート作業は極めてなめらかで、高解像度のものでも取り込むのにさほど時間はかからない。

写真やビデオを仲間や家族と分かち合い、見返すのにも便利なこのアプリのダウンロードは無料となっている。

Seahorse

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。