ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android版Chrome 38 Betaをリリース、タブをAndroidのタスクスイッチャー統合する機能やTouch to search機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android 用 Chrome ブラウザの次期メジャーアップデート版となる「Chrome 38」のベータ版(38.0.2125.57)をリリースしました。v38.0.2125.57 では、Android の「Battery Status API」と「Screen orientation API」がサポートされたほか、Material Designに関連した追加機能の実装、バグの修正とパフォーマンスの向上に関する変更が行われています。アプリを「Android L」で利用した場合、設定メニューに「Merge tabs and apps」という新オプションが表示されるようになります。このオプションは、Chrome で開いたタブを Android のタスクスイッチャーで切り替えられるようにするものです(Google I/O 2014 でデモされていましたね)。しかし、Android L の Developer プレビュー版では機能しない模様です(依然として Chrome 本体しか表示されません)。また、Chrome://flags の画面で「コンテキスト検索を有効にする」を「有効」にすると「Touch to search」機能が有効になります。この機能は WEB ページで単語をタッチするとその単語でダイレクトに Google 検索できるというものです。検索結果は今開いている WEB ページに被さるようにして表示されるので、WEB ページを行ったり来たりすることはありません。「Chrome Beta」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungのGogle Glass風メガネ型ARデバイスが2015年3月に発表されるとの噂
HTC、10月8日にニューヨークでイベントを開催、“HTC EYE”を発表か?
Google、Gmail 約500万ユーザー分のメールアドレス・パスワードが流出したことについて声明を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP