ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「男の墓場プロ」のモデルは新撰組だった!組織とはハードかソフトか?どちらかしかない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

僕は新撰組をお手本にして「男の墓場プロダクションの局長」になったんです。まあ殺戮軍団ですけどね(笑)。墓場プロを立ち上げた頃、人がいっぱい集まってくると問題も起き始めて・・・どうしていけばいいのかなあと思った時に観たのが、Vシネマの『実録 新撰組』だったんですよ。これがもう本当に素晴らしいVシネマでねえ。『実録 新撰組』を超えるVシネマは観たことがないですね。

今までの新撰組なんて酷かったでしょ。線が細い奴ばっかりで。そんな中、Vシネマの『実録 新撰組』は最高だったんですよ。真の殺戮集団がついに完成したんです!

だって、近藤勇が小沢仁志、土方歳三が寺島進、芹沢鴨が白竜、途中で逃げる山南さんが中野秀雄で・・・最高なんですよ!(笑)。あと彼らを集めた松平容保が遠藤憲一。で、その殺戮集団と触れ合う坂本竜馬が、それですら哀川翔。それだけの殺戮メンバーが集まって、新撰組の中で僕の一番好きなとこが描かれてたんですよ。

新撰組って厳しい集団だったんだなって思うのは、多い時で毎日、朝から庭で処刑が行われてたっていうね。そのシーンがちゃんと描かれてるんですよ。「グサッ、ギャーッ!」って殺されてる声をね、小沢仁志がいつもの半開きの目で聞いてるんですよ(笑)。なんて素晴らしい新撰組映画なんだろうと思ってね。で、その中ではソフトなほうなんでしょうね、中野英雄が逃げるわけですよ(笑)。それをとっ捕まえて、やっぱり殺すんです。
それであまりにも感動したんで、新撰組システムを墓場プロでも採用したんですよ(笑)。

だから組織というのは、ハードにやるかソフトにするかどっちかしかないんですよ。

文・杉作J太郎Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP