ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忌野清志郎 完全復活プロジェクトがついに始動、全軌跡を“体感”できる映画が来年2月に公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

忌野清志郎 完全復活プロジェクトがついに始動、全軌跡を“体感”できる映画が来年2月に公開

2008年2月10日、日本武道館にて『忌野清志郎 完全復活祭』を開催し、武道館開館以来史上最高の13,000人を超える動員を記録。2009年5月2日虹を渡り銀河系遥か彼方へ旅立った日本の“THE KING OF ROCK”が、沈黙を破りついに帰還!再びスクリーンで完全復活を果たすこととなった。

『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~#1(ナンバーワン) 入門編~』は、1980年代から2008年「完全復活祭」にかけて日本中を熱狂させた、さまざまな世代の清志郎のライブ映像で構成される。ファンのみならずとも、まさに「入門編」にふさわしい、忌野清志郎の全軌跡を“体感”できる映像作品である。清志郎のお馴染みの大ヒットナンバーが大スクリーンで甦り、さらに貴重な秘蔵映像が初スクリーン上映を果たす。

写真・映像作家の井出情児が、1カメで収めた貴重なライブ映像より「スローバラード」(『札幌市民会館最後の日』LIVE .2007)、1989年『Family Stone Tour』から「エンジェル」、FUJI ROCK FESTIVALの歴史の中でWHITE STAGE観客動員記録を塗りかえた、2005年の伝説的なステージより清志郎のMCから丸々「Baby何もかも」を収録。また、2008年に開催された『忌野清志郎 完全復活祭』からの楽曲には新たな編集が加わり、「毎日がブランニューデイ」には本人直筆の字幕歌詞が大スクリーンに映し出される。ただのライブ映像として納められない、ロック史上永遠に刻まれる清志郎の“ロックン・ロール・ショー”フィルム版となることは間違いない。

この「忌野清志郎」完全復活プロジェクトは、毎年忌野清志郎を復活させるべく、来年の「#1」公開以降にも「#2」「#3」の公開が予定されており、どこまでも走り続けるバンドマン清志郎が全国のスクリーンに現れることとなる。

また、来年2月10日全国公開の前に、ファンクラブ限定による特別試写会『ふぁんくらぶ祭 特別編 2014映画『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~#1 入門編~』宇宙初!最速試写会 in ナニワ/inエド』が大阪11月1日・東京11月2日にて開催が決定。まさに“宇宙初公開!”となる本作の試写会は、ファンクラブ会員に向けた完全招待制。本邦初公開となる本作で「忌野清志郎」完全復活プロジェクトの全容が明らかとなる。

<『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM -#1(ナンバーワン) 入門編-』 主な演奏楽曲>
「雨あがりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」「よォーこそ」「エンジェル」
「毎日がブランニューデイ」「君が僕を知ってる」「JUMP」「Baby何もかも」ほか

作品情報
タイトル:映画『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM #1入門編』
公開日:2015年2月10日(火)より全国公開
上映時間:2時間予定
劇場前売券:当日券:2,500円(税込) 前売券:2,000円(税込)
※前売特典付(11月8日(土)より発売開始)
監督:太田旬
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

関連リンク

忌野清志郎オフィシャルサイトhttp://www.kiyoshiro.co.jp/
忌野清志郎 ユニバーサルhttp://www.universal-music.co.jp/imawano-kiyoshiro/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。