ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スウェーデンの業務用音楽ライブラリー「 Epidemic Sound」日本初上陸、本日より提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スタジオ・ナチュレーザは、Epidemic Sound ABの日本総代理店として、同社が展開する業務用音楽ライブラリーの日本国内への提供を本日9月11日よりスタートした。

昨今、TV番組や企業プロモーションビデオなど映像コンテンツの二次使用(海外展開、パッケージ化、ネット配信など)が多くなり、それに伴い映像内に使用される音楽の権利処理が煩雑になっている。そのため、利用のための手続きがシンプルで高品質な業務用音楽ライブラリーのニーズが高まっている。

スタジオ・ナチュレーザは自社制作の業務用音楽ライブラリー「Ligar Music Library(リガール・ミュージック・ライブラリー)」を2009年より展開しているが、高まるニーズに応えるべく、膨大な曲数を保有するエピデミック・サウンドの音楽ライブラリーを日本国内に提供することとなった。

Epidemic Soundの特長
(1) JASRAC手続き不要
著作権管理団体に著作権を信託せず、また、個々の作曲家も著作権管理団体の会員となっていない。これにより、自社で楽曲・音源の全ての権利を保有。これは、海外の業務用音楽ライブラリーとしては大変珍しく、日本の市場との親和性が非常に高い。

(2) 25,000曲以上という膨大な曲数を保有するライブラリー
効果音を含めるとおよそ30,000トラック、さらに新曲も毎月数百曲追加される。また、ボーカル曲も多数ある。

(3) ハイクオリティな楽曲
スウェーデンを中心とした各国の作曲家による楽曲制作を指揮するのは、マドンナやセリーヌ・ディオンさらにあの大ヒットドラマ「glee(グリー)」の音楽も手がけた音楽プロデューサー。放送局関係者の意見も取り入れながら制作された楽曲は映像コンテンツとの相性がいい。

Epidemic Sound CEO Oscar Hoglund氏コメント
「エピデミック・サウンドはすでに北欧における業務用音楽の勢力図を塗り替え、ユーザーの方々に大きな価値を生み出しています。日本での販売開始は私たちにとって重要なステップですので、今回のスタジオ・ナチュレーザ及びリガール・ミュージック・ライブラリーとのコラボレーションにとても興奮し、期待に胸をふくらませています。」

「Epidemic Sound」詳細
http://www.natureza.net/epidemic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP