ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone6ネット上の反応は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Appleは日本時間9月10日、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」、さらに「Apple Watch」を発表。詳細スペックが明らかにされた。

【画像や図表を見る】

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」はおおむね発表前から飛び交ってきた噂に沿う内容で、まずディスプレイは、iPhone 6が4.7インチ、iPhone 6 Plusが5.5インチと、5s/5cの4インチから拡大。解像度も5s/5cの1136×640ピクセルから向上し、「6」が1334×750ピクセル、「6 Plus」がフルHDの1980×1080ピクセルとなっている。

ディスプレイの大型化にともない、サイズ・重さもそれぞれアップ。「6」は縦13.81cm×横6.7cm、「6 Plus」は縦15.81cm×横7.78cmと、「5s」(縦12.38cm×横5.86cm)よりも、それぞれ1~2cm程度大きくなった。重さは6が129g、6 Plusが172gで、いずれも5sの112gより重くなっている。一方で厚みは「6」が6.9mm、「6 Plus」が7.1mmと、iPhone史上最薄を実現した。
通話時間(3G)は「6」が最大14時間、「6 Plus」が最大24時間と、5s/5cの最大10時間から大幅に長くなり、Wi-Fi通信も 5sと比べて最大3倍高速化。さらに、対応するLTE周波数帯の増加、気圧計の内蔵に加え、iPhone史上初めて非接触通信のNFCを搭載し、Apple社独自の決済サービス「Apple Pay」に対応する。

ほぼ事前の予想通りはいえ、こうしたスペック向上が正式に発表されると「欲しくなった」という人が多い様子。とりわけネットユーザーたちが注目したのは、ディスプレイおよび本体サイズが大きくなったことと、薄くなったこと。ツイッター上でも、その大きさについて言及する声が目立つ。

なかには、
「iPhone6、こうでかくなってくると、もうiPadでええ気がする」
「iPhone6大きすぎじゃない…?いまだにiPhone4使っているから、さすがに買い替えたいんだけど、あれちょっと大きすぎて…(´ω`;)」

など、戸惑う声もあるものの、

「やっとでかい画面のiPhoneが出たか。画面の広さは表現力と情報量そのものなんだから、(大きすぎない程度に)大きいほうが良いに決まってる」
「実際にiPhone使っていると画面は大きい方がやっぱりいいと思うの。
iPhone6plusは気になるわ」

など、歓迎する声も。ちなみに、「6 Plus」のサイズはほぼ一万円札と同じ(縦16cm ×横7.6cm)であると解説する人も登場し、具体的なイメージを描きやすいとして話題だ。

なお、iPhone6およびiPhone 6 Plus は9月12日から予約受付を開始し、9月19日に発売。本体カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色で、容量は16GB、64GB、128GBの3種類。価格は、容量順にiPhone 6が6万7,800円、7万9,800円、8万9,800円、iPhone 6 Plusが7万9,800円、8万9,800円、9万9,800円(直販のSIMフリー版、税別)となっている。あとは近日中に発表されるであろうキャリア3社の料金プランが気になるところだ。
(R25編集部)

iPhone6ネット上の反応は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

宿代を1000円以上安くする方法
iPhone6発表直前の噂まとめ
巷で噂のキャラ「デジラ」の正体
スマホ新料金「損しない選び方」は
プロに聞く!お得なネット銀行は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP