ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「キャリアアグリゲーション」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカのApple社は、9月9日に米国・サンフランシスコで発表会を開催し、iPhoneシリーズの最新モデル「iPhone 6」を発表した。同機種は、キャリアアグリゲーション(Carrier Aggregation:CA)技術に対応し、日本では、KDDIがこの技術を利用したサービスを提供する。iPhone 6は、日本を含めて米国など10カ国で9月19日に発売される予定で、予約は9月12日より受け付ける。

【動画や画像を見る】

ところで、今回のiPhone6から対応するキャリアアグリゲーションは、日本国内ではKDDIが初めて導入した技術だ。Carrier Aggregationを直訳すると、「電波」を「集める、集約する」ことを意味する。異なる電波(周波数帯)を集め、ひとかたまりにして(広帯域化)、データを送信することで、高速で安定したLTE通信を可能にする。

KDDIは、800MHz帯の10MHz幅の帯域と、2.1GHz帯の10MHz幅の帯域にこのCAを適用している。それぞれ10MHz幅では受信最大75Mbpsのデータ通信が可能だが、800MHzと2.1GHzの2帯域を束ねることで、合計20MHzの帯域幅を確保し、受信最大150Mbpsの高速通信が可能になる。さらに、片方の電波の速度が遅くなっても、もう一方の電波で補うことができるため、これまでよりもより安定した通信が可能になる。

百聞は一見に如かず、まずは分かりやすく解説した動画をご覧いただきたい。


(R25編集部)

「キャリアアグリゲーション」とは?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

恋人探しは地方出張がチャンス!?
「接待は労働時間外」納得できる?
出張の自腹出費をなんとかしたい!
「なんでこの席に…」出張の座席予約あるある
サラリーマン嫌なところTOP10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP