ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋の勝ち組は快適な家で過ごす人? ホテルライクな部屋のつくり方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

運動の秋に食欲の秋……楽しみ方はそれぞれだが、秋といえば行楽シーズン。しかしなかには、睡眠の秋ということで外に出る気にもならず、家でゆったりと過ごすほうが良い! なんて方もいるだろう。

そこで、家での時間をより快適にするために参考にしていただきたいのが、ホテルの部屋。居心地の良さにこだわりを感じる、ホテルのインテリアを真似してみてはいかがだろうか。今回は、ホテルのインテリアを参考にした模様替えについて、All About「インテリアショップ」ガイドである、くろだあきこさんにお話を伺ったのでご紹介したい。まず、ホテルの部屋が居心地良く感じられる理由について聞いてみた。「壁紙や家具、備え付けのアイテムの印象に一貫性があり、必要なものが厳選されて置かれているからです」

印象の違うものが多いとノイズのように感じられてしまうため、静かで落ち着いているイメージのホテルからは遠くなってしまうようだ。では、ホテルインテリアの快適性を踏まえたうえで、自宅にも取り入れられそうなアイデアはあるだろうか。「ホテルライクにしたいコーナーは、色と質感を統一させることが重要です。一番手軽なのは、洗面台まわりを整えることですね。タオルの色を統一し、きちんと畳んでその日に使う分を重ねて置く。これだけでも、ずいぶん印象が変わります。そのうえで、コップやボトル類などは、質感の良いものを選びましょう」

ホテルのタオルといえば、真っ白というイメージがあるが、単調な印象になりがちなのと、色が徐々にくすむため、長く使うことを考えると、茶、緑、紫、グレーがオススメだそう。小物のトーンを統一し、整理整頓を心がけると、一気にホテルの部屋らしくなるようだ。最後に、くろださんが参考にしているお店やウェブサイトを教えていただいた。「フランフランのホテルアンドリゾートシリーズ(http://www.francfranc.com/shop/e/eSP1/)が、参考になります。都会のホテルの雰囲気や、リゾートホテルの雰囲気など、好みによって選べます。またはタイムアンドスタイル(http://www.timeandstyle.com/)がおすすめですね。シンプルで繊細な美意識を感じるアイテムが豊富です」

今年は居心地の良いホテルライクな部屋に模様替えして、自宅で優雅な気分を味わってみてはどうだろう。●取材協力
All About「インテリアショップ」ガイド
くろだあきこさん
HP:http://allabout.co.jp/gm/gp/368/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/09/10/69249/

【住まいに関する関連記事】新ライン「Francfranc Hotel and Resort」で、ホテルのような生活を
インテリアはネット通販で揃えたほうがいい3つの理由
話題のインテリア誌『MAISHA』が選ぶ、新生活ピッタリの家具店
ネコが喜ぶ家具とは? ネコ愛好家必見の、新しいインテリアの提案
見えないところもスッキリ!無印良品アドバイザーの収納テクニック

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP