ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全米2位・錦織圭の元恋人・福原愛 復縁を願っていると知人語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テニス全米オープン準優勝という快挙を成し遂げた錦織圭(24才)をサポートしているのが、“婚約者”である北京五輪の新体操日本代表で“フェアリージャパン”の一員として活躍した坪井保菜美さん(25才)だ。

 早稲田大学でスポーツ科学を専攻していた坪井さんは、リハビリ方法について錦織にアドバイスをしたり、栄養学を学んで健康管理をサポートしたという。

 2013年に入ると、錦織の日本国内のツアーには必ず坪井さんが同行し、試合会場には坪井さんの両親も観戦に訪れるようになった。

「最近では、試合後の滞在ホテルで、錦織選手と彼の両親、坪井さんという4人で過ごすこともあって、松江の錦織の実家に彼と一緒に帰ることもあるそうです。すでに両家公認の仲であることは間違いなく、結婚も近いとみられています」(スポーツ紙記者)

 プロテニス選手の生活は過酷の一言で、それを支える妻も生半可な覚悟ではつとまらない。なにしろ彼らは、一年中、世界各地のツアーを回るため、定住地はなく、ほとんどホテル暮らしである。錦織の場合、生活基盤はフロリダにあるものの、そこで過ごせる時間はごくわずか。

「例えば、メジャーリーガーの妻も大変だといわれていますが、移動はほぼアメリカ国内だけです。テニス選手の場合、生活習慣が異なる全世界を舞台に、妻は食事をはじめとする健康管理、さらにメンタル面のケアをしなければならないのですから、本当に大変です。でも、坪井さんは今回の全米オープンでも会場で声援を送っていたように、すでに海外ツアーのほぼ全てに同行しており、テニス選手の妻として生きていく覚悟は、充分にできていると思われます」(前出・スポーツ紙記者)

 錦織との交際について、岐阜市内にある坪井さんの実家を訪れると、母親は嬉しそうな笑顔を浮かべながらこう話してくれた。

「ふたりのおつきあいはとっても順調で、本当に気の合う恋人同士だそうです。ただ、お互い普通の男女だし、彼もまだ若いでしょう。先のことはわからないですよ」

 今年の錦織は、4月のバルセロナオープンの優勝賞金1億9000万円に加え、全米オープンの準優勝賞金1億5200万円、契約企業からの特別ボーナス、さらにはユニクロなどのCM収入も大幅アップが見込まれており、年収は10億円の大台を超えるといわれている。

 人柄もよく、これだけ稼いでくれる男が婿になってくれるとなれば、不満を持つ母親はいないだろう。

 一方で、こんな順風満帆のカップルを、複雑な思いで見つめている女性もいる。錦織の元カノである卓球の福原愛選手(25才)だ。

「彼女は、錦織選手と別れた後もメル友で、ずっと連絡は取り合っているようです。というのも、彼女が錦織選手に未練タラタラで、別れた後に彼がこんな国民的スターになって、その傍らには新恋人がいるっていうのが、おもしろくないんです。“なんであの人と…”って愚痴っていたこともあって、心の底では彼女と別れて、自分と復縁してほしいと思っているようです(苦笑)」(福原の知人)

※女性セブン2014年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
錦織圭と福原愛の復縁 「100%ないでしょう」と関係者証言
錦織圭の「エア・ケイ」 少年が真似ると危険だと医師が指摘
福原愛と錦織圭は破局報道後もいい友達 メールやりとり続行

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP