ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江角マキコ 落書き謝罪したのはバイキングに抗議殺到したから

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月9日夜、江角マキコ(47才)が自身のブログを約2週間ぶりに更新するや、一気に話題は彼女に集中。そこには長らく説明が待たれていた、あの“落書き事件”についての謝罪がこんなふうに綴られていた。

《私自身、週刊誌でこの件を初めて知った次第で、その後、元マネージャーから私に対し、このような事態をおこして迷惑をかけたとして謝罪の連絡がありました。しかし、立場上、私の責任も重く感じ、長嶋様には心から申し訳なく思っております》

 2012年の年末、当時江角のマネジャーをしていた人物が、かつては家族ぐるみで温泉に行ったりする仲だった長嶋一茂(48才)の自宅外壁などに「バカ息子」などと落書きしたことを、『週刊文春』が写真つきで報じた。江角と長嶋の妻は、かつて親しいママ友だったが、ちょうど4年前くらいから不仲になったことも明らかにされた。

 今回のブログでの釈明で、江角は事件を報道で初めて知ったと主張している。しかし『文春』には江角母が登場し、はっきりこう書かれてた。

「マキコは『落書きのことは知っている。でも、私は指示してない』と言ってました」

 女性セブンの取材でも、こんな証言があった。

「当時、“落書き”でトラブルになった時、長嶋さん側への後処理は、江角さんのご主人が窓口となったと聞いたことがあります。仮に元マネジャーが独断で行ったのならば、その責任は当時の事務所が持つはずですよね…。それで、あぁ、あれは家族間の個人的なトラブルだったんだって思ったものです」(テレビ局関係者)

 江角の夫は、『ショムニ』を手がけたフジテレビの敏腕演出家・平野眞氏だ。その夫の尽力があったのか、江角はこの3月、それまでの事務所から個人事務所へ移籍したのだが、あっという間に『バイキング』(フジテレビ系)のレギュラーが決まっている。

「ママ友いじめ告白や、抗議文が出たときは、番組側から江角さんに何かしら対応してもらおうという話は出なかったし、本人も“それが何か?”といった様子でした。ただ落書きは器物損壊罪にあたりますから、いくら1年半以上前のこととはいえ、主婦目線を大事にしている番組としては軽視することはできませんでした。

 報道直後の9月2日放送回は、大阪からの出張放送という形で逃げ切りましたが、2週目となった9月9日、何食わぬ顔で生放送に出演したのがよくなかった…。番組側には、視聴者から猛抗議があったそうです。さすがに、このまま何事もなかったように江角さんを出演させ続けるのは難しいと判断し、ご主人をはじめ周りが彼女を説得した形となったようです」(別のテレビ局関係者)

 しかし、その往生際が悪かった。謝罪はあくまで騒動を起こしてしまったこと。詳しい説明を控えた理由は子供への配慮。そして《現在も心療内科で治療中の元マネージャー》のため…。

※女性セブン2014年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
江角マキコ 長嶋一茂宅落書き騒動でCM打ち切りの可能性検討
江角マキコ なぜ天海祐希ばかり主役かと衝突し事務所移籍説
江角マキコ 『バイキング』東京居残り放送の裏に落書き報道

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP