体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

業界も熱視線!プロ野球ドラフト会議 初の京大出身プロ野球選手誕生なるか!?

業界も熱視線!プロ野球ドラフト会議 初の京大出身プロ野球選手誕生なるか!?

プロ野球のシーズンも大詰めにさしかかり、最近ではこの秋開催されるドラフト会議について話題となることもしばしばであるが、そうした中、ある大学生の右腕に「初」の期待がかかっている。

今秋のドラフトでの指名について、「初」の期待がかかるのは、関西学生野球リーグで活躍する田中英祐投手。MAX149km/hの速球が武器の同投手は、高校までの成績こそ目立ったものはないものの、大学進学後に舞台とした関西学生リーグでは、出身大学において歴代最多の通算7勝を挙げ、3年次秋には勝ち星こそつかなかったものの、防御率1.06の好成績を記録し、ベストナインに輝いている。

実はこの田中投手、その出身校は、あの京都大学。実はこれまで、東京大学からプロに進んだ投手は5人存在しているが、京都大学からはゼロ。もし彼が指名され、プロ入りすれば、「初」の快挙とな るのだ。

プロ入り志望を前に家族会議を行った際に、両親から「地獄を見てこい」と背中を押されたという同投手。今秋のドラフト会議に、多くの人々から注目が集まっている。

【動画】http://youtu.be/pFmzMkdNTOs

文・吉竹明信

■参照リンク
2014/6 田中英祐 (京都大学) 149km/h計測 4年生 2014年ドラフト候補
http://youtu.be/pFmzMkdNTOs 

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。