ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毒々しい色の『スライムカレー』誕生⇒たべる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 見た目の毒々しさとは裏腹に、野菜、チキン、ビーンズ、カルシウムと、ちょっと体によさそうな材料が詰め込まれた『スライムカレー』が9月下旬に、ヴィレッジヴァンガードから発売される。

【関連:『ドラゴンクエストV』主人公なりきり衣装が公式から登場】

 この商品、社内商品企画から誕生したものなのだそう。バ〇ルスライムにも似て、毒を感じさせる色合いだが、気になるお味は「優しく」仕上がっているとのこと。

 ちなみに画像は“あくまで”トッピングの見本。色んなトッピングを駆使して、自分オリジナルの盛りつけを楽しんで欲しい。
『スライムカレー』の価格は1,080円。取り扱いは青カレーのみで、ヴィレッジヴァンガード限定商品となっている。現在はヴィレッジヴァンガードオンラインストア他で予約受付が行われている。

■内容
サイズ:H170×W140×D25mm (パッケージ)
製造:茨城県
原材料:玉ねぎ、にんじん、玄米(茨木県産)、ひよこ豆、青えんどう豆、金時豆、砂糖、カレー粉、トマトペースト、食塩、オリーブオイル、にんにく、しょうが、ギャバ、酵母エキス、椎茸パウダー
殺菌方法:気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
内容量:200g

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP