ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PE’Z、日本初のハイエンドオーディオケーブル使用の超高音質LIVE開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

常に新しいモノ作りにトライしている侍JAZZ BAND・PE’Zが9月21日東京・昭和女子大学人見記念講堂で行われる久しぶりのホールライブでまた新たな試みに挑戦する。

PE’Zは、インターネットからダウンロードした音楽を聴く事が一般化し、デジタル技術で安易に作られた音楽が溢れる昨今、子供達や若者に生の音と演奏の楽しさを伝えたいという想いから今夏、小学生に直接一流の演奏技術を伝えるべくジャズクリニックを開いた。この試みは大好評を得て、更に次の展開も計画されている。

そんな中10月15日のニュー・アルバム「血騒-chisou-」の発売に先駆けて行われる9月21日のホールライブでは、徹底的に「良い音」にこだわると発表した。

具体的には、「良い音」を追求し世界的にも高い評価を受けているメーカー「ACOUSTIC REVIVE」から完全にバックアップを受け、日本初ハイエンドオーディオケーブル使用の超高音質ライブを開催する。

ACOUSTIC REVIVEは1997年からオーディオ業界に進出し、MJ無線テクノロジー・オブ・ザ・イヤーのオーディオアクセサリー部門最優秀賞を7年連続受賞。フランスの音楽誌「DIAPASON」で金賞を3回受賞するなど国内外問わず高い評価を受け、「何も引かない 何も足さない」をテーマに、ただただシンプルに音質の良さだけを追求し続けてきたメーカーだ。

現代の多くの人が「楽に手に入る」「簡単に操作できる」といった利便性だけを追求し、音質の劣化した音源でも気にする事なくパソコンや携帯で聴く事が当たり前になっているが、それと反比例するように「音質の良さ」を追求する、いわゆる「オーディオマニア」な人たちが再び増え、世界的にブームとなっている。今回のライブは、そんな二極化する音楽市場において、そんなブームを牽引する音のトップメーカー「ACOUSTIC REVIVE」の会社理念と、PE’Zが常に信条としている『アナログ的な暖かい音』という部分が合致した事で実現した音楽史上初のコラボレーションとなる。

また、PE’Zはファミリー層にもこのライブを楽しんでもらうため、敢えて休日に開催し開演時間も早めたとのこと。

ライブ情報
血騒-PE’Z THE LIVE-(ワンマンライブ)
2014年9月21日(日)OPEN13:00/START14:00
会場:東京・昭和女子大学 人見記念講堂
前売5,000円 / 当日5,500円
※全席指定・税込・3歳以下入場不可・4歳以上チケット必要

リリース情報
先行配信シングル「Viva! A So Bole! 」
配信中
先行配信シングル「Chi-Sou!」
2014年9月24日配信開始

アルバム「血騒-chisou- 」
2014年10月15日発売
【CD】APPR-3011 3,000円+税
10曲+ボーナストラック1曲
【アナログ盤-ダウンロードコード付-】APAN-5002 5,000円+税
完全生産限定、10曲+ボーナストラック1曲

関連リンク

PE’Z Offical Websitehttp://www.worldapart.co.jp/pez/
PE’Z Offical Fan Club 鬼かこひの会http://www.pez-onikakohi.com
PE’Z Offical Facebookhttps://www.facebook.com/PEZOffical
PE’Z Offical Twitterhttps://twitter.com/PEZ_OFFICIAL

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP