ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他人の部屋でタバコはOK? 喫煙者と非喫煙者の言い分を聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

度重なるタバコ増税の影響もあり、年々減りつつある喫煙者。喫煙所も公共の場から消えるばかりで、さぞかし肩身の狭い思いをしていることだろう。そんな喫煙者たちが非喫煙者の部屋に遊びに行ったときは、どうしているのだろうか?

最近は喫煙できる場所が限られているため、携帯灰皿を持っていない喫煙者も。それもあって「灰皿のない家では吸いづらい」とか

自分の家なら思うままに喫煙できるが、非喫煙者の部屋ではそうはいかないはず。そこで、喫煙者(元喫煙者も含む)に「非喫煙者の家に遊びに行ったとき、どこでタバコを吸う?」と聞いてみた。

「部屋の中では吸いません。たとえ、彼女の家とか、気心知れた仲であってもそうしています。やっぱり、吸わない人にとってタバコ臭い人が部屋に居座っているのは嫌だろうし……」(28歳・男性)

「基本的には吸いません。吸うとしたら、マンションのエントランスなどに設置されている喫煙コーナーでしょうか。といっても、わざわざ行くのは面倒なので、吸わないことが多いですが」(26歳・男性)

「換気扇の前やベランダでなら吸ってもいいと言われるときもありますけど……それも申し訳ないので、吸わないですね。吸うとしても、泊まりや家飲みでどうしても吸いたくなったときだけかなあ。最近はそれすら遠慮しています」(29歳・女性)

なんと、ほぼ全員が「部屋の中では吸わない」と回答。ベランダすら避けている人も多いようだ。「吸いたい」というイライラは、「頭を無にする」、「一心不乱にスマホを触る」などで紛らわしている人もいた。

ちなみに、このような考えになったのは「ここ数年のこと」という人が多数。世間の禁煙ブームが進むと同時に、喫煙者の間で意識改革が起こっていたとは……。では、このような喫煙者たちの考えを受けて、非喫煙者はどう思うのだろうか?

「正直、そこまで気を遣っていたとは思いませんでした。確かに『どこで吸っていい?』って聞かれなければ、答えなかったかも。こっちが先に声をかけるべきだったんですね」(28歳・女性)

「進んでベランダに出て吸う人もいますけど、真夏や真冬に外でタバコを吸わせるのは気が引ける……。そこまで臭いが気になるものでもないし、換気扇前とかでも全然大丈夫だと思います」(30歳・女性)

なかには「絶対に吸わないでほしい!」という人もいたが、「そこまで気を遣わなくても……」という声が多数。「喫煙者だとわかったうえで家に呼んでいるんだから、『タバコ厳禁!」とまでは言わない」というスタンスらしい。ベランダか換気扇前など、比較的臭いのこもりにくい場所であれば、喫煙OKという声も寄せられた。

公共の場での喫煙ルールは守らなければならないもの。しかし、身近な人の家では深刻に考え過ぎる必要はないようだ。「タバコ吸いたいときはどうしたらいい?」の一言が、他人の部屋でのマナーだと心得ておこう。

(松本まゆげ+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP