ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの個人情報守ります! 自宅で役立つオススメグッズ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手紙や公共料金の通知……自宅には個人情報流出につながるものがあふれている。流出してしまってからは手遅れ! そこで今回は、自宅で使えるオススメ便利グッズをご紹介しよう。

のりタイプ『ケスペタ』(右)、スタンプタイプ『ケシポン』(中)、はさみタイプ『秘密を守りきります!』(左)

「ケスペタ」(324円) 手軽さ:◯ 汎用性:△ 安心度:◯

塗って、貼るという新発想! 安心して捨てられる

今年7月に新登場したのが、宛名や住所を黒い特殊のりで隠すことができる個人情報保護のり 「ケスペタ」。隠したい部分を上から塗るだけで、黒い特殊のりが文字を隠し、見えなくするというもの。貼り合わせた紙は、剥がそうとしても破れて読めなくなるので、安心だ。手軽にきちんと処分したいという人にオススメ。ただし、厚手のはがきや加工紙、和紙といったのりがつきにくい紙は、うまく張り合わせることができないのでご注意を。

「ケシポン」(367円~) 手軽さ:◎ 汎用性:◎ 安心度:△

コロコロするだけだから、楽しく、簡単に隠すことができる

個人情報保護スタンプ「ケシポン」は、アルファベット10文字を使用した印面パターンと黒々としたインクで、個人情報を塗り隠すというもの。現在は、ローラー式や連続捺印、11行タイプなど、さまざまなタイプが販売されている。

ハガキや封筒だけではなく、宅急便やクレジットカードの明細書など、隠したい場所に合わせて自由に長さを調整することができる。デコボコ面にも対応できるので、段ボールや筒状の郵便物に貼付された宛名にも対応可能。また、定型のまま廃棄できるのでリサイクルに回すこともできる。ただし、トナーなどの光沢のある印字によっては、反射して見えてしまう場合もあるので、捨てる前にもう一度確認しよう。

「秘密を守りきります!」(1852円~) 手軽さ:△ 汎用性:◯ 安心度:◎

思ったよりも使いやすい。5枚刃と9枚刃から選べる

チョキチョキするだけで、複数刃が個人情報を切り刻んでくれるシュレッダー用途のはさみ。明細書や領収書であれば1度に2枚、はがき・名刺の厚さであれば丸ごと1枚裁断することができる。さらに細かくしたい時は、初めに縦にカットし、次に横にカットすれば約3.5ミリ角ほどにすることができる。宛名や住所のみならず、原型をとどめずに捨てることができるので、個人情報を完全に処分することができる。

最近は流出した個人情報が名簿業者に取引されていた事件があった。名簿業者のなかには悪質業者もあり、個人情報が悪用されてしまう場合もあるという。今回紹介した個人情報保護グッズは、どれもコンパクトで持ち歩き可能。使用頻度や目的から、自分にあったグッズを選び、個人情報を守ろう。

(平野友紀子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP