ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ぶっちゃけ『iPhone 6 Plus』の使い勝手ってどうなの? 端っこまで指届くのか気になるでしょ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨晩発表された『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』。その2つのiPhoneはどちらも既存のiPhoneよりも大きくなっており、4.7インチと5.5インチとなっている。
しかし4.7インチとか5.5インチと言われてもピンと来ない人が多いだろう。

そんなわけで実際に全く一緒の大きさのモックを手に持ってみて指がどこまで届くのか、スリープボタンへのアクセスはどうなのかを検証してみた。

4.7インチ『iPhone 6』は意外と持ちやすい

まず4.7インチの『iPhone 6』であるが大きくなってはいるが、幅は少ししか変わらず、縦長になっている。しかしその分薄くなっており丸みを帯びているので持ちやすくなっている。これに実際にシリコンケースを付けて持ってみてもそれほど持ちづらい感じはしない。
画面端っこのアイコンまでも指は届きそうである。

5.5インチ『iPhone 6 Plus』は……

そして肝心な『iPhone 6 Plus』である。『『iPhone 6』よりも少し分厚いが気になるほどでは無い。しかし幅、高さ共に大きくなっており片手操作を想定しているものではない。
皆がいつも持っているホームボタンを押せる位置からだと画面へのアクセスは完全に不可能で、持ち直すかもう片方の手で操作するしか無くなる。
相当手のでかいNBA選手ならなんとか指が届くかもしれないレベルである。
両手操作と割り切れば使い勝手が良いかもしれない。
しかし日本人はフリック操作で日本語の文字入力するので操作感が劣るかもしれない。

ちなみに『iPhone 6 Plus』のQWERTYキーボードにはコピー、カット、ペースとボタンが付いている。ほかフルHDだったり光学手ぶれ補正機能もある。
文字入力ってスマートフォンでもっとも頻度が高いものなので、そのフリック入力がやりづらくなるのはかなり痛手になりそうである。これも慣れなのだろうか。
これらの機能が全て『iPhone 6』にあったら神機種だったのだが。それは来年?

ちなみに成人男性である私の検証で女性や子供の場合はまた話が違ってくる。

予約開始は全キャリア12日の16時から。よーく考えてからどちらにするか決めよう。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP