ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、レンズスタイルカメラ新モデル「ILCE-QX1」と「DSC-QX30」、「DSC-QX10」のピンクカラーを10月10日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 9 月 10 日、同社が先週の IFA 2014 イベントで発表したスマートフォンからリモート操作できる“レンズスタイルカメラ”の新モデル 2 機種「ILCE-QX1」と「DSC-QX30」、さらに、「DSC-QX10」の新色“ピンク”を 10 月 10 日に国内で発売すると発表しました。「ILCE-QX1」は Sony のミラーレスカメラ「NEX」シリーズの E マウントを採用してレンズの交換を可能にした上位機種。「DSC-QX30」は光学 30 倍のズームが可能なサイバーショットブランドの機種。両機種には、本体に CMOS イメージセンサー、レンズ(DSC-QX30のみ)、フラッシュ(ILCE-QX1のみ)、Wi-Fi、NFC、バッテリー、メモリカードスロット、Micro USB 端子(充電)・データ通信用)を内蔵しており、スマートフォンをビューファインダーにして撮影します。国内で発売されるのは、「ILCE-QX1」のボディ(レンズは別)、16-50mm・F3.5-5.6 OSSのズームレンズを同梱した「ILCE-QX1パワーズームレンズキット」、「DSC-QX30」のブラックカラーです。このほか、フリーアングルシューティングキット「ADP-FSK1」(3,000 円+税)やILCE-QX1 専用のキャリングケース「LCS-QXA」(8,000円+税)も同日に発売されます。「ILCE-QX1」のイメージセンサーは APS-C サイズの 2,010 万画素 Exmor で、画像処理チップ「BIONZ X」を搭載。動画は最大 1,920×1,080 ピクセル@30fps(MP4 形式)で撮影できます。「DSC-QX30」のイメージセンサーは 1/2.3 型の 2,110 万画素 Exmor R で、F3.5~6.3 の Sony G レンズ、画像処理チップ「BIONZ X」を搭載。動画は最大 1,920×1,080 ピクセル@60fps(MP4形式)で撮影可能。昨年発売された「DSC-QX10」は、光学 10 倍ズームの F3.3 G レンズと 1,820 万画素の 1/2.3 型 Exmor R イメージセンサーを搭載したエントリーモデルです。これまではブラックとホワイトの 2 色でしたが、女性にも好まれそうなピンクが 10 月 10 日に発売されます。Source : Sony


(juggly.cn)記事関連リンク
Anroid用Operaブラウザ v24がリリース、YouTubeやDailymotionなどのWEBサイトから動画をMP4形式でダウンロードすることが可能に
Googleがマウンテンビューの本社に設置しているAndroidデザート模型の配置替えを行った模様、Android Lの正式リリースは近い?
海外でAndroid版ハングアウトへのGoogle Voice機能の統合が始まる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP