ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

故郷遠く墓参りの負担重い時は「掃除代行サービス」利用も手

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 親がなくなり、墓の名義を引き継ぐ際に必要になるのが「名義変更手数料」だ。名義変更に関する費用は高くても1万~2万円。公営墓地などでは数百円で済んでしまう。
 
 そして、毎年かかってくるのが「管理費」だ。葬儀・お墓コンサルタントの吉川美津子氏がいう。
 
「地域差がありますが、管理費は公営墓地なら年間4000~5000円程度。寺の墓地や民間霊園では数千円~3万円ほどが相場です。これはマンションなどの管理費と同様、墓地の共有部分の管理を行なうための費用で、各々の墓地の清掃などを行なってくれるわけではありませんので、注意が必要です」
 
 固定経費だけなら大したことはなさそうだが、「墓参り」の負担が重くのしかかる。
 
 都内に住む青森県出身の66歳・A氏は5年前にひとり暮らしの母が亡くなってからというもの、墓参りのためだけに春・秋の彼岸に故郷を訪れている。
 
「母が他界してから、大変なのが墓参りのための交通費。1回あたり往復4万円ほどかかる。さすがに日帰りというわけにもいかず5000円のビジネスホテル代も発生するので年間10万円ほどかかってしまう。だけど、それでも行くたびに雑草は生えるわ、墓石がカラスの糞だらけだわで……。
 
 本当はもっと通ってあげたいが、今の年金暮らしでは経済的に無理ですね。妻からは“東京に新しくお墓を建てたら”と薦められるが、田舎で一生暮らした母の顔を思い浮かべると決心がつきません」(A氏)
 
 仏事関連メモリアルサービスの「メモリアルアートの大野屋」の調査によれば、墓参りの平均回数は年2.8回という。盆・正月と彼岸すべて墓参するのが難しい現実が垣間見える。墓のある故郷から遠く離れて暮らす人の場合、年1~2回訪れるのも大変だ。
 
 気になる場合は「掃除代行サービス」を利用する手段もある。代行業者のひとつ、関東グレイブキーパー代表の広瀬清氏はこう話す。
 
「サービスの内容は草むしりや植木の伐採、墓所の清掃などの代行です。当社の場合は1時間5000円か2時間8000円の基本コースで承っています。依頼者の多くは遠方にお住まいで墓参できない方です。お彼岸やお盆の時期に年3~4回のご依頼をいただきます」

※週刊ポスト2014年9月19・26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
突然親が亡くなった時、3タイプ別お墓のメリットデメリット
親族以外が墓管理する「永代供養」 心配な人に弁護士が助言
お墓の最新トレンド 全自動で墓碑を移動やネット墓参りあり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP