ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

華原朋美が再びオーケストラと共演、GLAYの「HOWEVER」をカバー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月1日に発売となる華原朋美の大ヒットカバーシリーズの第2弾「MEMORIES 2 –Kahara All Time Covers-」から、今年デビュー20周年を迎えるGLAYの「HOWEVER」をカバーしたミュージックビデオが本日解禁となった。

酷暑の夏の真っ只中、8月初旬に長野県霧ケ峰高原でミュージックビデオの撮影は行われた。手付かずの大自然、広大な原野にゆるやかな起伏が続き、日本が誇る名峰も一望のもとに、オーケストラとバンドメンバー総勢40名をバックに従え、復帰シングル「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」のミュージックビデオを彷彿とさせるダイナミックな映像に仕上がっている。

撮影中は大自然がもたらす気候の変化が、映像にも奇跡を起こした。高原ならではの霧が立ち込める幻想的な世界から、太陽が差し込み青空と雲のコントラストが映える広大無辺な景色まで、楽曲の起承転結に合わせるかのように変幻していくシーンの移り変わりも大きな見どころの一つ。当日1日の気温差はなんと約20℃!その中で全身からその歌声を響かせ、見渡す限り遮るものもない雄大なパノラマシーンを背に熱唱する華原朋美の姿にも注目してみよう。

今回のカバー・アルバムでは、この「HOWEVER」を始めシンガー・華原朋美として、これまでに歌唱したことがなかったジャンルにも果敢にトライし、彼女の進化した表現力を発見できる楽曲が髄所にちりばめられ、復活を経て、アーティストとしてのポテンシャルをさらに前進させていこうとする強い意思が感じられる作品となっている。

華原朋美コメント
今回のカバー・アルバムでこうしてGLAYさんの名曲を歌わせて頂けたことをとても嬉しく思います。今まで歌ったことがなかったジャンルの楽曲でしたが、このような機会を頂けたことで、“歌うこと”の新しい扉を開けられたような手ごたえを感じました。また今回のミュージックビデオでは、初めてこのような大きくて広い、幻想的な場所で歌うことができたことがとても新鮮でした。
「HOWEVER」という曲を通して、ごく普通な生活で感じる感情の中に“何があって、何が最も大事なことなのか”ということを教えられた気がしました。私が「HOWEVER」を歌わせて頂いて思ったことは、“愛はすごく大事なこと。”ということでした。普通なことかもしれませんが、普通だからこそ日常で忘れてしまいがちな気持ち、そしてその中で“人間だからこそ出てくる様々な感情”を改めて思い出させてくれる曲だと感じています。

華原朋美「HOWEVER」ミュージックビデオ

配信情報
「HOWEVER」
2014年9月10日先行配信
iTunes:http://po.st/kaharahoweveritms
レコチョク:http://po.st/kaharahoweverreco

リリース情報
カバーアルバム「MEMORIES 2 –Kahara All Time Covers-」
2014年10月1日(水)

初回盤(CD+DVD)UPCH-9956 3,800円+税
※DVD収録内容:TOMOMI KAHARA INTERVIEW 2014“MEMORIES”

通常盤(CD)UPCH-1995 3,000円+税

収録曲
01. HOWEVER(作詞:TAKURO 作曲:TAKURO)
02. 難破船(作詞:加藤登紀子 作曲:加藤登紀子)
03. 雪の華(作詞:SATOMI 作曲:松本良喜)
04. 三日月(作詞:絢香 作曲:西尾芳彦/絢香)
05. ビリーヴ(作詞:EIGO/SWEEP 作曲:EIGO/SWEEP)
06. ROSIER(作詞:LUNA SEA 作曲:LUNA SEA)
07. かたちあるもの(作詞:柴咲コウ/山本成美 作曲:小松清人)
08. いい日旅立ち(作詞:谷村新司 作曲:谷村新司)
09. サイレント・イヴ(作詞:辛島美登里 作曲:辛島美登里)
10. 見上げてごらん夜の星を(作詞:永 六輔 作曲:いずみたく)

関連リンク

華原朋美 オフィシャルサイトhttp://sp.tomomikahara.com/
華原朋美 レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/kahara-tomomi

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。