ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメと観光がテーマの「アニ玉祭」が今年も昨年に続き今年も開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年開催された第1回「アニ玉祭」の模様

昨年の10月にさいたま市で開かれた「アニ玉祭(アニメ・マンガまつり in 埼玉)」が今年も開催されることが決定した。大宮ソニックシティで10月11日~12日に開催される。

コンサート、ステージショー、グッズ販売を行うなどアニメ、漫画の総合イベントとなっている同祭。「アニメと観光」がテーマとなっており、アニメ作品『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(秩父市)、『らき☆すた』(久喜市鷲宮町)、『神様はじめました』(川越市)、『ヤマノススメ』(飯能市)のほか、全国より作品の舞台地が集合。「聖地巡礼マーケット・聖地巡礼カフェ」、「聖地巡礼観光物産展」などが催される予定だ。

また、12日には世界最大級のアニソンフェス「アニサマ」の「アニ玉祭」特別ジョイントライブや、中川翔子さん、あべあきらさんらゲストが登場する「アニソン・アカデミー@さいたま『アニ玉祭』」の公開放送、「声優トークショー」なども予定。

大宮駅前の鐘塚公園では痛車展示やコスプレイベントなども併催される。

入場料は11日~12日に第1~第5展示場で開催される「聖地巡礼マーケット・聖地巡礼カフェ」「聖地巡礼物産観光展・聖地巡礼パネル展」が前売=500円、当日=600円(2日間有効/高校生以下は無料)、12日に大ホールで開催される「ANISAMA WORLD 2014 in Saitama」は6,800円。それ以外は無料となっている。詳細についてはアニ玉祭公式サイトにて。

▼リンク
アニ玉祭公式HP「アニ玉祭通信」

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP