体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KREVA主催フェスに鈴木雅之、久保田利伸を含む超豪華アーティストが続々登場!

今年、ソロデビュー10周年を迎えたKREVAが、9月07日と9月08日の2日間にわたり日本武道館にて「908 FESTIVAL 2014」東京公演を開催し、18,000人を熱狂の渦に巻き込んだ。

「908 FESTIVAL 2014」東京公演 (okmusic UP's)

初日となる7日は「KREVA~完全1人武道館~」と題し、文字通りKREVAがたった1人でステージ上のさまざまな機材をすべてコントロールしながら演奏しラップするというもの。2007年11月、KREVAは同内容のライブを同じく日本武道館を舞台に初挑戦し、それを目撃したオーディエンスやアーティストから“ヒップホップ史、音楽史に刻まれるべき伝説”とまで絶賛された。このライブを遂行するために、リハーサルから本番に至るまでKREVAにかかる負担は想像を絶するものがある。メモリアルイヤーゆえに例年以上に精力的かつ派手な活動展開を見せているKREVAが、もう一度「完全1人武道館」の開催を決断したこと自体が驚きでもあったが、やはりこの男は、まだ誰も足を踏み入れていない道なき道に踏み入り、自らの音楽で新たな地平を切り拓こうとするのだ。

2日目、“クレバの日”にあたる8日はKREVAがホスト役となり、ブラックミュージックに多大な影響を受け、その本質的なグルーヴやポピュラリティを独自の方法論で昇華し、体現している豪華アーティストたちをゲストに招く。まさに「908 FESTIVAL」だからこそ実現できる音楽の祭りだ。KREVAのもとに集結するのは鈴木雅之、久保田利伸、三浦大知、AKLO、KICK THE CAN CREW、RHYMESTERの6組。KREVAとゲスト陣はどのように躍動し、またどのように交わりながら刺激的なパフォーマンスを繰り広げるのか――。初日も2日目もすべての瞬間が見逃せないライブになることは、開催前から明らかだった。ここでは駆け足ながら、2日間の速報レポートをお届けする。

初日。会場入りしたオーディエンスを待ち構えていたのはDJ 908だ。そう、2007年同様、開演前からKREVAの「完全1人武道館」は始まった。DJ 908は関係性の深いアーティストの曲や自身が手がけたリミックス曲をなどをかけ、さらには日本のヒットソング群の歌詞にある“くれば”部分をピックアップしループさせるなど、遊び心に満ちたプレイで会場を盛り上げた。

開演時刻を10分ほど過ぎたころ場内が暗転。スクリーンに映し出されたのは、KREVAの10年間を振り返る映像だ。次に、この日を迎える までのリハーサルに始まり、当日の武道館入りからステージに向かうKREVAをドラマティックに捉えた映像が流れる。そして、割れんばかりの大歓声に迎えられ、KREVAは自らを鼓舞するように胸を叩きながらステージをゆっくり歩き、複数の機材に取り囲まれた立ち位置につく。KREVAはそのままビートプレイ及びシーケンスの役割を担う機材・pushと、ワイヤレスのDJコントローラー・ORBITを駆使して「基準」のイントロを奏でると、ヘッドセットマイクから問答無用のスキルでラップを放っていく。

続く「ストロングスタイル」でもラップをしながら 中央に配置されたターンテーブルとミキサーに触れ、万能の音楽制作ツール・MACHINEのパッドをサンプラーの要領で叩いて効果音を出す。すごい。2007年から格段に進化した機材を掌握するKREVAのおおいなる進化。それをいきなり示した格好だ。ここから、ブロックごとにコーナーを設け、「完全1人武道館」ならではのエンターテイメント性を打ち出していく。転換時に流れるインタールードもまたKREVAが制作 したインスト曲だ。「いきなりクライマックス。これから〈25分メドレー〉をやります。しかも、ラップしながら、スクラッチしながら、歌いながら次の曲を準備し て、きれいにミックスしてつないでいきたいと思います」という宣言から「成功」に始まり、「成功」で終わる全8曲のメドレーを完璧にやり遂げた25分間。

1人コントの要領でコミカルに仕立て上げた〈ライミング予備校〉では、オープニングから会場に満ちていた緊張感を絶妙に緩和し、新曲「47 都道府県ラップ」も初披露した。MACHINEを使用して〈ビートメイク〉を実践し、そのビート上で「トランキライザー」を鳴らせば、「くればいいのに」と「BESHI」 の〈マッシュアップ〉に続き、さらに「全速力」と「Space Dancer」も有機的に融合させる歌唱をみせた。〈セミアコースティック〉における「瞬間speechless」は、その場でボイスパーカッション、カホン、タンバリンを鳴らして組んだリズムをループマシーンに通し、そこにウインドチャイムやトイピアノなどの生音を重ねた。ファンにはなじみ 深いシンセサイザー・OASYSで〈弾き(押し)語り〉した「EGAO」で会場は静かに胸を打たれた。そこから一転、クライマックスに向けて 開放的に走り出す〈外出〉ブロックで、KREVAはORBITを腰に巻きステージ前方へ。「絶対に武道館でやりたかった」という「Na Na Na」で武道館全体がダイナミックな多幸感に包まれた。

ラストナンバーはソロデビュー曲である「音色」。この日使用したすべての機材とその機能をあらためて紹介しながら鳴らされた「音色」は、あ まりに感動的な響きを宿していた。いつまでも鳴り止まない大きな拍手を背中で受け止めながら、KREVAはステージを去った。こうして、“伝 説はひとつじゃない”ことを威風堂々と証明してみせた2014年版の「完全1人武道館」は幕を閉じた。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。