ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャズの新たな波に乗り遅れるな!――『Jazz The New Chapter』再び

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャズの新たな流れ――ロバート・グラスパー以降とも言える流れを中心に紹介し、今春発売され、脚光を浴びたムック『Jazz The New Chapter』の第2弾が早くも発売された。

J・ディラを中心としたヒップホップやR&Bのトラック・メイカーをひとつの大きな影響源としたジャズの流れは、ロバート・グラスパーのヒットを筆頭に、それこそLAビートの中心地、フライング・ロータスの〈Brainfeeder〉などのリリース・アーティストなど、大きな流れとなっている。この流れを捉えたムックが『Jazz The New Chapter』だ。

この流れは、いわゆる1990年代型のクラブ・ジャズ・ムーヴメントとはまた違った形で、ダンス・ミュージックにおけるジャズと、生演奏のプレイヤーを中心にしたジャズ、さらにはリスナー側にしてもジャズ〜ダンス〜ロックと、さまざまな音楽ファンを横断してひとつのムーヴメントを作っていると言えるだろう。その現れとして、この夏のフェスや巨大イベントをみただけでも、フライング・ロータスの〈Brainfeeder〉や、〈Summer Sonic〉にロバート・グラスパーが出演するなど、ここ半年で一気に勢いをつけた『Jazz The New Chapter』的な動きは目立ってきている。そんな絶好のタイミングでの『Jazz The New Chapter』の続編である。

今回の第2弾の特徴は2本の柱として現れている。まずは前半、これはまさに第1弾のアップードとも言える内容。第1弾の刊行からこれまでに来日したロバート・グラスパー本人、グレゴリー・ポーター、ホセ・ジェイムズといった、まさにグラスパー周辺、そしてフライング・ロータス&サンダーキャット、テイラー・マクファーリンといったLAビート・ミュージック周辺のインタヴューを慣行し、第1弾でのさまざな評論の穴埋め&再発見を行っていること。また同様に、ここ半年ほどでリリースされた関連音源に関してのディスク・ガイドが掲載されている。

第2弾の特徴はもうひとつの柱「Re:ECM」的な動きをフィーチャーした後半だ。ヨーロッパにおいてジャズ〜クラシック〜現代音楽〜電子音楽を横断する老舗レーベル〈ECM〉。〈ECM〉のドン、マンフレート・アイヒャーの最新インタヴューを中心に、新たな世代との結びつきによる刺激的な流れをフィーチャー。この流れは、いわゆるブラック・ポップの最新形とも言える、前半の流れとは趣の違ったヨーロッパ的な、ブラック・ミュージックと少々距離のあるジャズといったところだろうか。バンド〜エレクトロニクス〜ワールド・ミュージックなどを巡る、いま刺激的なアヴァン・ミュージックの世界を“ジャズ“をキーワードに横断する動きと言ってもいいかもしれない。

OTOTOYプロデューサーの高橋健太郎も、NYの才媛、ベッカ・スティーヴンスを中心に、現在のジャズ・ヴォーカリストたちに対する4Pの論考も寄せております。

ちなみにOTOTOYでの取り扱い楽曲、〈Brainfeeder〉音源をはじめ多数紹介されております! ぜひとも、どのような流れになっていて、どこが聴き所なのか? を本作で探ってみてはいかがだろうか?
(河村)

・シンコーミュージックの『Jazz The New Chapter 2』公式ページ
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=1640462

・テイラー・マクファーリンの『Early RIser』はOTOTOYでも配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/42190

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP