ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

閉館後の水族館を舞台にした「リアル謎解きゲーム」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「『リアル謎解きゲーム in マリンワールド海の中道』~シャレード伯爵の潔癖で奇才な謎解き~『夜の水族館と水の都マリンワールドの秘密』」が10月4日(土)、5日(日)、18日(土)、19日(日)の計4公演、閉館後のマリンワールド海の中道(福岡市)で開催される。

「リアル謎解きゲーム」とは大空間に閉じ込められた状況の中、限られた時間内に館内のあちこちに隠された謎を参加者自身が解き明かす体験型ゲーム。今回の「リアル謎解きゲーム in マリンワールド海の中道」では夜の魚達の生態を見る事もでき、普段の館内とは違った雰囲気の中、謎を解き明かした時の“達成感”と“興奮”を味わうゲームとなっている。

開催元の謎解きタウンは昨年6月、全国で初めて動物園でリアル謎解きゲームを開催し、2,200名の参加者動員を記録。今年6月に開催したしながわ水族館では約3,000名を動員し約1年で2万名を越える参加者を動員している。

今回のイベントでは参加者はオリジナルのストーリーに沿った「参加キット(謎の手がかり)」をもとに謎を解き明かし、ミッションクリアを目指す。謎解き時間は70分で、終了後には解答の発表も予定されている。e+(イープラス)・ローソンチケット・現金振り込みで前売り券を入手できるが、予定枚数がなくなり次第の終了となるので、ご予約はお早めに。

詳細はこちら(http://www.nazotown.jp/marine-world/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP