ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レ・フレール、ニューアルバム発売記念ミニライブをタワレコ渋谷で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今月3日に4枚目のオリジナル・アルバム『4 -Quatre(キャトル)』を発売した兄弟ピアノ連弾デュオ、レ・フレール。発売を記念して先週5日に東京渋谷のタワーレコード渋谷店1階イベントスペースにて、スペシャルミニライブ“TOWER de Quatre-Mains(タワー・ド・キャトルマン)”を開催した。

17:30にスタートしたこの日のスペシャルミニライブは、同店初となるグランド・ピアノを店内に持ち込んでの開催。ライブを主軸に活動しているレ・フレールは、専用のピアノ「Dhanie」を帯同することが多く、この愛器は世界最大級の290cmの奥行きがあるベーゼンドルファーModel290インペリアル。この巨大なピアノが、今回タワーレコード渋谷店1階に運び込まれ、立ち見も出るほどたくさんのファンと関係者で埋め尽くされた会場で、圧倒的な存在感を見せていた。

ライブでは、途中トークをはさみ、「ピアノハート~サムライファンキー」、「空へ」、「Boogie impro」、「On y va!」、そして今回約3年半振りにリリースしたニュー・アルバム『4 -Quatre(キャトル)』に収録されている曲の中から、「賛歌 四海兄弟:< One Heart For Voices>~<Smile~出発の時~>」の全5曲を披露。

1台のピアノを使っての華麗な指さばき、瞬時に2人が入れ替わる驚きの奏法、心躍るブギ・ウギの即興。情熱がほとばしるレ・フレールの熱いパーフォーマンスで、来場のファンを大いに沸かせていた。

「レ・フレール」は、斎藤守也(さいとうもりや・兄)と斎藤圭土(さいとうけいと・弟)の兄弟によるピアノデュオ。先週発売された3年半ぶりとなる4枚目のオリジナル・アルバム『4 -Quatre(キャトル)』はアルバムジャケットを、天野喜孝氏が描きおろしたことで話題を呼んでいる。

レ・フレールは9月7日から、神奈川・横須賀を皮切りに、本アルバム『4 -Quatre(キャトル)』を携えて、全国ツアーをスタートさせている。

リリース情報

「4 -Quatre(キャトル)」
2014年9月3日発売
(限定盤)[SHM-CD+DVD] UCCY-9022 3,780円(税込)
(通常盤)[CD] UCCY-1043 3,240円(税込)

関連リンク

レ・フレール オフィシャルサイトhttp://lesfreres.jp/japan/
レ・フレール ユニバーサル ミュージック公式サイトhttp://www.universal-music.co.jp/les-freres

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP