ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もうすぐ<敬老の日>!じいじ・ばあばを誘って遊びに行きたいテーマパーク3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月15日は、敬老の日。普段なかなかできないおじいちゃん・おばあちゃんへ感謝の気持を表そう!と思ってはいるものの、何をしたらよいの?と悩んでいるパパ&ママ、思いきって三世代でお出かけしてみては?じいじ・ばあばにとっても、孫たちと一緒に遊んだ思い出が、なによりのプレゼントになるはず。今回は「敬老の日」にシニア向け割引のある東京近郊のテーマパークを特集してみよう。

1.オービィ横浜
まず最初は、オープン以来迫力の大画面映像が評判の「オービィ横浜」をチェック。この施設では、9月6日(土)から9月30日(火)まで、シニアを対象とした割引サービスや、体験イベントを開催。「シニア+幼児」の入館チケットが、通常2500円のところ2000円(いずれも価格は税込)に割引される他、 オリジナルのフォトフレームが作れる体験イベントなどが予定されている。
三世代お出かけにこの施設がgoodなのは、空調完備の屋内なので体調管理がしやすいことと、場所がみなとみらいなので、食事など前後の予定がたてやすいこと。初めての体験に、みな心躍らせるはず。(http://orbiearth.jp/jp/)

2.鴨川シーワールド
丸1日かけてじっくり楽しみたいなら、この施設はいかが?! 鴨川シーワールドでは、9月15日に、65歳以上の入園料が50%割引になるキャンペーンを実施。また、千葉県在住なら65歳以上の入園は無料となるのでさらにお得。海の仲間たちとの楽しい癒しのひと時を、三世代みんなで楽しんでみて。(http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html)

3.カンドゥー
最後は、今年1月、幕張新都心に正式オープンしたお仕事体験テーマパーク「カンドゥー」を。ここでは、55歳以上の入場料が500円(税込)になるキャンペーンを11月30日まで実施中。シニア連れにこの施設が嬉しいのは、指定席を利用すれば滞在中ずっと席を確保できること。いつでも座れるので、足腰の痛いおじいちゃん・おばあちゃんでも安心。また、イオンモールの中にあるので前後にショッピングが楽しめるのもポイント大。(http://www.kandu.co.jp/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP