ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事関係で好意のない人にアプローチされたときの対処法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


モテモテ状態だったとしても、環境によっては「ちょっとブルー」になってしまうこともありますよね。たとえば、仕事関係で好意のない人にアプローチされたとき。
断りたい相手でも、相手が仕事がらみの人となると無下にもできない…。モテているとはいえ、こういう状態って、ウキウキよりも「どよーん」と重い気持ちになってしまうものです。
こんなどんよりした気持ちをためこんでたら、いい仕事はできません! …ということで今回は「仕事関係で好意のない人からアプローチされた時の対処法」を紹介します。

王道編:「ステディな彼がいる宣言」

仕事関係とはいえ、仕事以外の話をすることはありますよね。
たとえば映画の話になったとき「それ、彼も好きな映画なんです」など、さりげなく「私にはおつきあいしている彼氏がいます宣言」をしておくことをオススメします。

しつけ編:「仕事仲間だからこそ大事にしたい宣言」

告白など、明らかなアプローチをされたとき。「つきあえません、ごめんなさい」ときっぱり断ってしまうのはちょっと待った!!
今後気まずくならないため、断る際、慎重にするべきは、彼のプライドを傷つけないようにして、好意には感謝すること。
「あなたは大事な仕事仲間。だからこそ恋愛抜きの良好な関係でいたい。交際はできないけど、これからもよい仕事仲間でいてください」など、仕事仲間として大事にしたいことを伝えましょう。

応用編:「あなたならわかってくれると思う宣言」

王道編やしつけ編を駆使しても、さらにしつこくアプローチされたとき。この場合はこちらもやや「迷惑感」をにおわせないと、仕事に差し障りが生じてきます。
その場合は、「よい仕事をしていくために、恋愛抜きで共に頑張りましょう。クレバーなあなただからきっとわかってくれると思うけど」と、単なる仕事仲間としてびしっと線引き宣言をしましょう。
その際、大事なポイントは、一番最後の「あなたは賢い人」のくだり。これを言われちゃうと、だいたいの人は「これ以上しつこくするのは男を下げる」と感じてくれるはず。頭がいい人だから、わかってるはずだけど…というワンフレーズは、ここぞというときに結構効きます。
仕事場に、男女の妙な空気感をためないこと。動きも気持ちもスムーズにして、下半期をがんばりましょう!
Part section of a young businesswoman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「誕生日プレゼントがマンネリ…」におっさんがアドバイス
落とすべきは親と上司!? 彼に結婚相手として意識してもらう近道
男性には理解不能? 振り回し系女子、テラハ・みちさんの女心

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。