ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加藤ミリヤ2,000人の“ミリヤー”とデビュー10周年をお祝い、記念アルバムのリリースも決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月8日、この日デビュー10周年を迎える加藤ミリヤが、記念イベントとしてプレミアムパーティを東京・新木場STUDIO COASTにて行い、10周年記念アルバム「MUSE」を10月29日にリリースすると発表した。

この記念イベントは、MILIYAH MOBILE会員の30,000通の応募の中から、抽選倍率15倍のプレミアムチケットを手にした2,000人のファンと共に祝う特別な一夜。まずは会場の一部である展示エリアがオープンすると、彼女の歴代のツアー衣装やグッズ、パネルが展示され、過去10年間の彼女の軌跡が詰まったファンにはたまらない空間が。

また、加藤ミリヤがアイコンを務める最新プリ機「FASHIONisM(ファッショニズム)」がお披露目された。「FASHIONisM」は、ここだけでしか聴けない新曲「Fashion」が収録され、彼女の楽曲を聴きながら撮影ができる。今回は、事前に当選したファンが撮影を楽しんだ。

メインフロアーに加藤ミリヤが登場すると、会場からは大歓声と、「10周年おめでとう」という祝福の声が上がる。

今回のイベントはライブだけではなく、女性たちの憧れである加藤ミリヤに質問ができるコーナー、「FASHIONisM」にて一緒に撮影する権利やサイン入りグッズがもらえる大抽選会など、ファンと一緒に楽しめるイベントとなった。

なかでも盛り上がったイベントは、加藤ミリヤのファッションやメイクを真似したファン、通称“ミリヤー”の中から1位を選ぶ、「ミリコス(ミリヤコスプレ)コンテスト」。彼女になりきった5名の中から、会場のファンや加藤ミリヤが一緒にグランプリを選んだ。

その後、ステージのスクリーンには様々なアーティストたちから、彼女へのお祝いの言葉が込められたVTRが流れ、加藤ミリヤ本人も知らなかったサプライズに会場は一気に祝福ムードへ。なかでも仲宗根泉(HY)からの映像に、会場からは大歓声が。彼女とは、9月3日に発売されたばかりの片想いソング、「YOU… feat. 仲宗根泉(HY)」でコラボレーションしており、ミリヤ本人もこのコメントに喜んだ。

ファンとの交流イベントで盛り上がった後、ついにライブがスタート。「I miss you」「EMOTION」「このままずっと朝まで」と一気に3曲歌い上げると、会場の熱気は最高潮に。その後シングル「WHY」のカップリング「You don’t know me」や、アルバム「TOKYO STAR」に収録された「Kiss」など、ファンが待ち望んでいた曲をメドレーで立て続けに披露。今回は普段のライブでは聴くことのできない曲や、ファンに人気の曲を中心に選曲されており、ミリヤーたちは一曲一曲噛み締めるように聴き入っていた。

その後サプライズゲストとして清水翔太が登場、加藤ミリヤの10周年を祝し、「Love Forever」をファンと共に大熱唱。さらにアンコールではSHUNも加え3人で「今夜はブギー・バック」を歌い、今回のパーティを飾るにふさわしいセッションとなった。

また、アンコールのMCでは、10月29日に10周年記念アルバム「MUSE」をリリースすると発表。彼女が尊敬する女性たちと制作した楽曲や、彼女の過去の思い出が詰まった曲を選んだ、濃密なアルバムであると宣言した。

10年を振り返りいつになく深い想いを吐露した加藤ミリヤ、最後にはファンに向かって「今日は本当にありがとう。私とファンの絆は他に負けないくらい大切なもの」と感謝の気持ちを述べ、今回のイベントは幕を閉じた。

【セットリスト】
M1 I miss you
M2 EMOTION
M3 このままずっと朝まで
M4 メドレー
M4-1 Young Lady
M4-2 You don’t know me
M4-3 Kiss
M4-4 True
M4-5 空
M5 LALALA
M6 Love me, i love you
M7 勇者たち
M8 Love Forever w/ 清水翔太
M9 People
ENCORE
EC1 今夜はブギー・バック
EC2 UGLY

リリース情報
アルバム「MUSE」
2014年10月29日(水)
【初回生産限定盤】 SRCL8643〜45 4,500円+税
【通常盤】 SRCL8646〜47 3,650円+税

関連リンク

加藤ミリヤ オフィシャルサイトhttp://miliyah.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP