ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワン・ダイレクション、ニューアルバム「FOUR」11月発売決定&ジャケット公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年のデビューからイギリス・アメリカ・日本を始め世界中で一大センセーションを拡大し続けている今世紀最大のスーパーグループ=ワン・ダイレクション(1D)が、11月にニュー・アルバム『FOUR/フォー』を発売することを発表(日本盤CD:19日/配信:17日)。そのジャケットも公開された。

「デビューから3作連続で全米アルバム・チャート初登場1位を記録したグループ」として正式にギネス世界記録にも認定(世界ギネス記録2015)され、それに続く通算4作目のアルバムとなる『FOUR/フォー』。発表後から配信アルバム予約や、限定盤CD及び配信アルバムのデラックス・バージョンに付くブックレットに日本のファンの写真を掲載するというスペシャル企画、また、9日からはCDアルバムの予約もスタート。

さらに、オフィシャル・サイトでは、「こうして僕らの4枚目のアルバム発表ができてとても興奮しているよ。ツアー中にも曲を書いてレコーディングして、とてもハードだったけど、ファンのみんなのサポートのおかげだよ。みんなへの感謝の気持ちを込めて『Fireproof』というアルバムの曲を24時間限定でプレゼントします。」というメンバーからのメッセージと共に、同楽曲がダウンロードできるようになっている。

アルバムは、日本盤CD、配信いずれも2形態が用意され、徐々にその詳細が明らかになっていく予定だ。今年行っている過去最大のワールド・スタジアムツアー「Where We Are」からの映像を大画面で初体験できるイベント『ONE DIRECTION “WHERE WE ARE”フィルム・コンサート』を、日本を含め世界約70の国と地域/3,000以上の劇場で、10月11日・12日、1度きりの週末限定で世界同日劇場公開することも決定している1D。

今回の映画では、世界中でソールドアウトを続け、既に350万枚以上のチケットを売り上げている「Where We Areツアー」の、6月28日・29日にイタリア/ミラノにある8万人収容のスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(通称サン・シーロ・スタジアム)で行われた壮大なスケールのライブ映像に加え、メンバー自身がツアー中に撮影した舞台裏やインタビューなどの完全未公開映像も見ることができるという。その日本版最新予告編も公開され、9月20日には劇場チケットの一般発売を迎える。

世界中のファンのために2日間限定で行われるこの歴史的スペシャル・イベント。サン・シーロ公演映像は、12月にDVD/ブルーレイで発売されることも決定しているが、今回のツアー体験者も未体験も、臨場感たっぷりの映像と、高画質の大画面、高音質の映画館で1Dの最新ライブを体験できる唯一のチャンス。ニュー・アルバムと合わせ、見逃せない週末になりそうだ。

One Direction「“Where We Are”コンサート・フィルム予告編(ロング・バージョン日本語版)」

リリース情報
「FOUR」
2014年11月19日発売

【アルティメット・エディション】SICP4323 2400円+税
※日本のファン・ページ含む豪華ブックレット付

【通常盤】SICP4324 2,200円+税
iTunes予約:https://itunes.apple.com/jp/album/id914556567?at=10lpgB&ct=886444749596_wn

「ホエア・ウィー・アー: ライブ・フロム・サンシーロ・スタジアム」
2014年12月3日発売
Blu-ray 3,800円+税
DVD 2,800円+税

映画情報
「ONE DIRECTION “WHERE WE ARE”コンサート・フィルム」
日時:2014年10月11日(土)・12日(日) 2日間限定上映
   両日共に1日2回上映(14:00/18:30)
チケット:一般発売: 9月20日(土)12:00〜10月10日(金)12:00 
     http://eplus.jp/onedirection2014-lv/
公式サイト:http://1dwwafilm.jp/

関連リンク

ワン・ダイレクション レーベルサイト: http://www.sonymusic.co.jp/1d
ワン・ダイレクション オフィシャルサイト日本語版www.onedirectionmusic.com/jp
ワン・ダイレクション 日本公式ツイッターhttps://twitter.com/#!/1D_OfficialJP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP