ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「昭和天皇実録」 流出元は宮内庁内部である疑い極めて濃い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 24年5か月かけて編纂された全61巻、1万2000ページに及ぶ『昭和天皇実録』の公表の時期が突然前倒しになるという異常事態に、宮内庁が揺れている。

「一般公開の解禁日は9月20日前後とされていたが、10日発売の月刊『文藝春秋』に実録の中味が掲載されることがわかり、宮内庁記者クラブが慌てた。先に内容を報じられては困ると、発売日前の9日に公開する動きになったのです」(皇室担当記者)

『昭和天皇実録』が完成し、天皇・皇后に奉呈されたのは8月21日。宮内庁記者クラブ加盟社にも、同時期に資料として配布された。

「解禁日までに内容を読み込むために1か月ほどの余裕をもって紙とデジタル版で配布されました。紙のデータには各社名が印字され、デジタル版にも透かしの加工が施され、流出しないように徹底的に管理されていました。ところが『文藝春秋』に流出した実録には、透かしや社名がなかった。流出元は編集に関わった書陵部、すなわち宮内庁内部の疑いが極めて濃いといわれています」(同前)

 宮内庁は内容公表の時期について、

「『9月中頃』を予定しており、準備ができたところで公表することとなる」

 と説明し、宮内庁内部から流出したのではないかという質問には「承知していません」と回答した。

 天皇・皇后が同実録を読んでいるさなかの大失態だけに、宮内庁は文春に抗議もできず、ただ下を向くのみなのだ。

※週刊ポスト2014年9月19・26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮内庁の予算約170億円 天皇家のプライベート予算約3億円
半蔵門使用は天皇、皇后、皇太子一家のみ 他の皇族は乾門へ
天皇陛下 元日の祝賀の儀だけでお祝いを受ける人数は686人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP