ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好調本田圭佑 ミラン監督が惚れ込みクラブの全面支援の賜物

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 香川真司(25)が3年半ぶりの招集見送りとなり、3季目を迎えた英マンチェスター・ユナイテッドではレギュラー争いに敗れ、古巣の独ドルトムントに放出された。一方、「明」のスタートとなったのが本田圭佑(28)。伊ACミランの開幕戦では先制点を挙げて勝利に貢献した。開幕前から本田が好調を維持できた理由をサッカー担当記者が解説する。

「今季から就任したインザーギ監督が本田の技術やプロ精神に惚れ込み、プロジェクトチームを作ってW杯後の本田の肉体面を完璧にケアしたんです。現在の活躍はクラブ側の全面バックアップのおかげです」

 さらに日本代表でも本田を後押しするのがアギーレ監督の戦術だ。

「監督就任会見で『基本システム』と明言した4-3-3はミランが採用するシステムと同じなので、本田はすぐにフィットできる。一方、このシステムには香川が望むトップ下のポジションはない。ザック時代に慣れない左サイドで輝けなかったように、アギーレジャパンでも香川の活躍の場は限られそうです」(同前)

 代表チームでは初招集の若手からブラジルW杯や欧州サッカーについて質問攻めにあったという本田。まだまだ「王様」として君臨しそうだ。

※週刊ポスト2014年9月19・26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マンU香川の出場機会減 ザック氏に欧州へ「圧力」求める声も
本田圭佑 不調なら本田信者VS香川信者の不毛な争い勃発も
「俺、次の扉開いた」本田と長友の異次元会話に他の選手鳥肌

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP