ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋篠宮家の恋愛ルール 恋人に会うのは原則昼に学校と自宅だけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『週刊新潮』(9月4日号)で男性とのデートが報じられた高円宮承子(つぐこ)さま。2007年2月には、留学先の英国・エディンバラ大学で『ミクシィ』に綴られた異性との交際が報じられたこともあった。承子さまのように異国の地で恋をされる女性皇族は少なくない。

「国内の場合、どこに行かれるにしても、女性皇族にも護衛(SP)が付きます。しかし、海外留学中はSPが付きませんので、皇族がたも自由な時間が増えて開放的になられるようです」(宮内庁関係者)

 ヒゲの殿下・寬仁さま(享年66)の長女・彬子さま(32才)も留学中にこんなことがあった。2004年9月から日本美術史を学ばれるため、英国・オックスフォード大学に留学されているが、

「彬子さまは、英国の別の大学で東洋美術を学ぶために留学していた5才ほど年上の男性と知り合われ、交際をスタートされました」(別の宮内庁関係者)

 2007年4月、おふたりは一時帰国された際、ディズニーシーでデートする姿も報じられている。ジェットコースターに乗られたり、蒸気船でミニクルーズを楽しまれたり、チュロスをかじりながら、園内を歩かれる微笑ましいお姿が伝えられた。

「彬子さまは生前の寬仁さまにも紹介されていて、一緒に食事されたこともあったそうです。2009年に帰国されてから、彬子さまは立命館大学に勤務されたんですが、彼も同じ職場で働いていて、交際は続いていて、結婚間近という声もあがっていたほどでした」(前出・宮内庁関係者)

 しかし、今年に入り、ふたりは破局されたという。

「彬子さまは父・寬仁さまが務められていた仕事を数多く引き継がれたため、ご多忙な日々を送られています。そのため、すれ違われるようになって…」(前出・宮内庁関係者)

 海外留学といえば、秋篠宮家の長女・眞子さま(22才)は9月17日から約1年間、英国・レスター大大学院で博物館学を学ぶため留学される。

「眞子さまは2度目の留学となられます。海外での生活も慣れていらっしゃるので、今回は勉強以外のことにもチャレンジされるのではないでしょうか」(秋篠宮家関係者)

 国際基督教大学(ICU)在学中の2011年10月、眞子さまのプライベート写真が流出した。これは眞子さまが所属されていた同大学のスキー部が2010年12月に合宿を行った際に撮影されたもので、真子さまがピースサインを作られ、ちょっと照れくさそうに頬を赤らめられ、イケメン男子学生にしなだれる2ショット写真だった。

「写真が流出したことで、紀子さまは眞子さまを厳しく叱られたそうです。この流出騒動があったためか、昨年4月に学習院大学文学部に入学された佳子さまに対して、紀子さまはサークル活動禁止令を出されました。これにはキャンパスライフを楽しみにされていた佳子さまも困惑されたようで、ご友人にこぼされたこともあったみたいですよ」(前出・秋篠宮家関係者)

 また紀子さまはサークル禁止令以外にも厳しいルールをふたりの娘たちに課されていた。

「“恋人と会うのは原則として学校と自宅だけ”“ふたりで会うのは禁止”“外で会う場合には、ご友人も一緒で”“時間帯はランチで、夜はダメ”といった細かい交際ルールを決めていらっしゃるようです」(前出・秋篠宮家関係者)

 日本ではこれだけ縛られた生活を送られていた真子さま。留学先で環境が変われば、もう22才、大人の判断で行動され、恋の予感を期待しても不思議ではない。

※女性セブン2014年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
学習院大学の「教育学科」 佳子さまの進学を見据えて新設か
英語セミナー通われる愛子さま「トッシー」の愛称で呼ばれる
眞子さま 就職せず公務専念 悠仁さまの相談相手にという声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP