ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あまちゃん』のお座敷列車北三陸号 うに弁当に冬はこたつ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋の行楽シーズンが到来。今年も人気を集めるのが食べて・見て・乗って大満足な観光列車だ。

 昨年放送され社会現象にまでなったNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台となった沿線を走るお座敷列車は、相変わらず人気が高い。ドラマの世界観をそのままに、沿線では太平洋の大パノラマが車窓を流れ、水平線が広がる。

 白井海岸~堀内間の大沢橋梁は、随一のビューポイントで撮影する人も多いという。

 もちろんその魅力は風景だけではない。海女の姿をしたアテンダントが車窓ガイドを行い、久慈駅ではうにがぎっしりとつまった列車限定の『うに弁当』(1400円・事前予約)も大好評。

 ちなみに、このお座敷列車は冬場にはこたつ列車に大変身。季節を問わず魅力に満ちた観光列車だ。

■お座敷列車北三陸号(岩手県)

【区間】久慈駅~宮古駅を、1日1往復運行。

【所要時間】約1時間40分。

【料金】久慈駅~宮古駅の場合、大人乗車券1850円、子供930円、指定券310円。

※女性セブン2014年9月18号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
観光列車「肥薩おれんじ食堂」で黒豚など地元の名産品を堪能
新幹線だけじゃない 注目の九州観光列車&特急列車
JR東日本「リゾートしらかみ」 車内で津軽三味線の生演奏も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP