ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30代独身女性が合コンで輝くための「台本」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

30代独身女性が合コンで輝くための「台本」とは

 気づけば30代に突入した独身女性のみなさま。

 学生時代の友達や職場の同僚も続々と結婚する中、家族や親しい人からの「婚圧」に鬱陶しさを感じつつも、「まだまだ焦るべき時ではない」と強気でいらっしゃる方も少なくないと思います。そうです、結婚するとか、しないとか、そんなのご自身のペースですべきこと。第三者にとやかく言われたくはありませんよね。

 ただ、年齢は取り戻せないので、時折、その「現実」をかったたるいと感じることもあるでしょう。たとえば、合コンなどに参加しても、男女含めてその場で一番年上になることもあり、「姉さん」的なポジションに祭り上げられたときのかったるさ。年齢は自覚しているけれども、お前らに姉さん呼ばわりされたくはないという、あの感じ。だったら合コンなんか行かなきゃいいわけですが、出会いはどこに転がっているかわからないですから、わずかの可能性を捨てるわけにはいきません。ええ、わかります。

 そんな、みなさまが心から合コンを楽しめるよう、書籍『スパルタ婚活塾』の著者である水野敬也氏が推奨する”台本理論”を紹介しましょう。

 合コンとは、毎回同じ流れで展開するもの。自己紹介から始まって、幹事との関係性、彼氏や彼女はいるか、趣味は何か、など話す内容はどのケースも同じ。そして、二次会はバーやカラオケとなる。水野氏によると、合コンは「台本」を用意しておけば、その都度対応がしやすいとのこと。もちろん、初対面の輩に姉さん扱いされるというかったるいシチュエーションも、台本さえあれば切り抜けられるというわけです。

 それでは、具体的に見ていきましょう。

■「年いくつ?」と聞かれた場合

「37歳。(間髪入れず)見えないよね~」

「さあ、いくつでしょう。答えは番組の最後に!」

「四捨五入……じゃなくて七捨八入で、30」

「その質問に対してはヒンドゥー語で答えることになるけどいい?」

「ヒント出すからあててみて。ヒント、好きな食べ物は『小龍包』」

※謎のヒントで煙に巻く

■「彼氏はどれくらいいないの?」と聞かれた場合

「私が彼氏がいない間に総理が変わった回数は5回。それが──日本の政治よ」

「3か月、プラス900日」

「逆に聞くけど、彼氏いない期間の『ちょうど良さ』ってどれくらいなの? 長すぎると人気ないみたいだし、短すぎても、次見つけに行くの早すぎね? ってなるわけで」

■「姉さん」と言われた場合

「つまり──音楽業界で言えば安室ちゃん的存在ってこと?」

「親近感を持ちたくて言ってるんならうれしい。ただ、年齢のことだけを言ってるのなら殺す」

「私を姉さんと呼んでいいのは『HOTEL』の高嶋政伸だけよ。ていうかお前の美元になってやろうか!」

 年齢を隠さず、かといって開き直らず、その上でエッジを効かせた答えばかりですね。

 30歳にもなると、異性のちょっとした一言に凹んでしまい、それがモロに態度に出てしまうこともあります。しかし、この台本を覚えていると、うまく切り替えすことができ、相手の反応も楽しみになるでしょうし、合コン相手も「この人、おもしろい」と興味を持ってもらえるかもしれません。

■関連記事

コミュ障から脱却するための会話術
will と be going to を使い分けられていますか?
大ピンチの日本酒業界が海外のブームに乗じて復権する?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。