ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小惑星衝突回避の陰で…ネット民から相次いで浮上した「終末待望論」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小惑星衝突回避の陰で…ネット民から相次いで浮上した「終末待望論」

地球に大接近し、場合によっては衝突しか ねないという小惑星「2014RC」の存在が、NASAの報告によって明らかとなったのは、8月下旬のこと。結局、その際に「Xデー」とされた9月8日未明には大事には至らず、普段と何ら変わらぬ時間が我々の間に流れていたが、場合によっては、遅れてきた「ノストラダムスの大予言」的な事態を引き起こしかねなかっただけに、この小惑星の接近について、ネット上では実に様々なコメントが相次いだ。

「話は聞かせてもらった!人類は滅亡する!(AA略 」

「ウイルスミスとかブルースウイルスの出番だな」

「ジーン・ハックマンが指揮するアメリカ軍に期待」

「よし、今こそ我らが誇る北朝鮮ミサイルの出番だw」

「俺は滅んでもらったほうがいいよ。。。」

「おまえら残された時間どうせ2chやってんだろ?w俺もだけどwwww」

「ノストラダムスのときに期待したのは俺だけじゃないはず」

「俺が寝てるときに家に激突してくれ」

このように、ネット上には様々な意見に混ざる形で、「終末待望論」と思しきコメントが目立ったが、そうした声が巻き起こる背景には、長引く不況と、それに伴う形で荒んでしまった世相が、人々の心に暗い影を落としている からなのかもしれない。そうした意味で言えば、次回、このような危機が訪れた際に、終末を期待する声が少しでも少なくなるような、そんな世の中になっていることを、我々は願うばかりだ。

文・葛西敦規

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。