体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目の疲れを取り除くには“体全体のケア”も大事

エンタメ
目の疲れを取り除くには“体全体のケア”も大事

 仕事でパソコンの画面をずっと見ていて、目に疲れが溜まっている…。そんな悩みを抱えている人は多いはず。パソコンやスマートフォンは便利ですが、その変化にともなって、体のケアも重要になっています。

 今野清志さんが執筆した『目がよくなって心も体も超スッキリ!』(三笠書房/刊)は、そんな現代の悩めるビジネスパーソン向けに、目のケアの方法を教えるための一冊です。
 今回は今野さんの本書についてお話をうかがうとともに、私たちの生活習慣二ついて今野さんの視点から「良いか悪いか」について判定してもらいました。その前編をお伝えします。
(新刊JP編集部)

――この『目がよくなって心も体も超スッキリ!』は前作『目は1分でよくなる!』のエッセンスをコンパクトにまとめながら、さらに踏み込んだ内容も書かれている文庫本となっています。本書を執筆した経緯からお聞かせ下さい。

今野:まず、前の本(『目は1分でよくなる!』)で書ききれなかったこと、もう少し伝えたかったことがあったので、それを書きたいというという想いがありました。おっしゃるようにこれまでのエッセンスと、前作では書けなかったことを文庫にまとめているのだから、すごく内容の濃い本になっています。また、目の疲れを改善するエクササイズの内容も増やしていますよ。

――この本の冒頭で、日本人は近視が多いとおっしゃっていますが、それはどうしてなのですか?

今野:それは生活環境が変わったというところが大きいと思います。もちろん人数という意味では中国やアメリカの方が(近視の人は)多くなるのですが、比率でいえば日本人が多くて、40代以上の日本人の近視率は4割を超えているといいます。生活が便利になった反面、目を酷使する生活に変わったというのが、目に負担をかけている要因の一つです。

――毎日の目に対する負担は大きいということですか。

今野:そうですね。蛍光灯だけでなく、スマートフォンやパソコンの光も強いでしょう。
しかもそれが生活習慣になってしまっているから、なるべく見ないようにと注意しても、結局見てしまう。電車に乗っていてもスマートフォンを見てしまう人は多いですよね。ゲームなんかは、さらに刺激が強くなる。目に負担をかけているということを想像してやってくれればいいのですが。

――ドライアイに悩む方も多くなっているといわれています。

今野:ドライアイは危険信号ですね。涙は海の成分に非常に近いといわれています。つまり、生命6億年の歴史がそこに詰まっていますから、それが出なくなっているというのは、ある意味で「生命の危機」といってもおかしくありません。
涙を通して目に栄養が行き渡るわけで、ドライアイの症状を簡単に考えずに、深刻に捉えるべきだと思います。

――また『1分のマッサージで目がよくなる! 今野式視力回復アイ・スティック』という目のマッサージができるスティックが付録としてついてくる本も出版されています。こちらはどのような本なのでしょうか?

今野:文庫でも一分間でできるマッサージは書いているけれど、スティックのようなものがあればやりやすくなるという声があったんですね。特に女性の方々は化粧をしているから、手でマッサージをするのは少し憚られるという意見が届きました。
だから、この本では私が開発した目へのマッサージ方法やエクササイズをまとめて、その上でアイ・スティックを使って実践できるようにしたんですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会