体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「RockCorps」ライブイベントでNE-YO、コブクロ、flumpool、May J.が夢の共演

「RockCorps」ライブイベントでNE-YO、コブクロ、flumpool、May J.が夢の共演

9月6日、「RockCorps(ロックコープス)supported by JT」の144回目となる最後のボランティアイベントと、プロジェクトを締めくくるライブイベント“Celebration”(セレブレーション)が、福島県福島市にて行われた。

午前中に福島県福島市の仮設住宅にて行われたボランティアイベントには、Celebrationに出演するアーティスト、NE-YOがサプライズで参加した。

同日夕方からは、「RockCorps supported by JT」を締めくくるライブイベント“Celebration(セレブレーション)”を開催。May J.、flumpool、コブクロ、NE-YOの4組が夢の共演を果たし、訪れた約4000人の観客にライブパフォーマンスを行った。

「RockCorps」とは、音楽の力を使って“企業”と“地域社会”と“人々”を結び付け、「楽しみながら、気軽に参加できる社会貢献の形」を提案し、人々の社会貢献活動への参加を推進する2003年にアメリカで始まった、新しい社会貢献のカタチだ。参加者はボランティアを4時間行うことでコンサートチケットを入手することができ、過去にはレディー・ガガ、リアーナ、マルーン5など数多くの有名アーティストが出演してきた。RockCorpsでは出演アーティストもボランティアイベントに積極的に参加し、コンサート本番を迎える。

日本およびアジアで初めての開催となる「RockCorps supported by JT」では、東日本大震災の復興支援を目的に、のべ4,000人のボランティアによる、のべ16,000時間分のボランティア活動の創出を目指し、4月から約4ヶ月にわたって総計144回のボランティアイベントを行った。

仮設住宅ボランティアに参加した、グラミー賞授賞シンガーNE-YO!

9月6日、東日本大震災の被害を受けた浪江町仮設住宅(福島県福島市)にて、敷地内の清掃や備品の修繕を行うボランティアイベントを実施。ボランティアが進む中、RockCorpsのセレブレーションに出演するアーティストNE-YOがサプライズでボランティアに参加。NE-YO が登場すると、ボランティア参加者達からは驚きと喜びの声がわきあがった。NE-YO は「RockCorps RockCorps RockCorps に参加できることを感謝しています。またみなさんが笑顔を取り戻せるきっかけになれば嬉しいです!」とコメントし、参加者と混ざってボランティア作業を行った。NE-YOが担当したボランティアは、仮設住宅内の老朽化したベンチの修繕作業。古くなったベンチに青や白、鮮やかな色のペンキを塗りつつ、ボランティア参加者の方と積極的にコミュニケーションをとりながら、備品の移動や修繕などの作業に熱心に取り組んだ。

ボランティア終了後、NE-YOは、「自分はみなさんと同じ経験をしていないが、応援したいという気持ちを歌とダンスでお伝えしたいです!」とコメントを残した。

同時間帯には、別会場で160名が集まる RockCorps 史上最大人数のボランティアが行われ、総勢4,478名・総計144回のボランティアイベントが締めくくられた。

RockCorps supported by JT を締めくくるライブイベント“Celebration” May J.、flumpool、コブクロ、NE-YO が夢の共演

同日夕方からはあづま総合体育館 (福島県福島市)にて、「RockCorps supported by JT」を締めくくるライブイベント“Celebration(セレブレーション)”を開催。ボランティアイベントに参加した4,103人が集結し、RockCorpsの黒Tシャツを身にまとい、一緒にボランティアをした仲間との再会を喜び合う人も多かった。

はじめに、ビッグなサプライズが。過去に海外で行われた RockCorps 参加アーティスト、レディー・ガガからのサプライズビデオメッセージが。「RockCorps JAPAN のボランティアの皆さん、おめでとう。ここにいるあなた達は、震災復興のために力を合わせて、愛を必要としている人たちをサポートしたのよね。自分たちのことを誇りに思うべきよ。ショーを思う存分楽しんでね。愛してるわ。レディー・ガガでした」というメッセージを聞くと、会場はいきなりヒートアップ。大歓声に包まれた。

ライブのトップを飾ったのは、今、話題沸騰中の人気アーティストMay J.。「かわいい!」と大きな声援で迎えられ、最新作「本当の恋」などを熱唱。また大ヒット映画の主題歌「Let it Go」を歌う際には、自身の経験と重ねて「頑張り続けて、踏ん張り続けていれば、必ず誰かが見てくれている」と語り、被災地の方に熱いエールを伝えました。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。