ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香川真司 クラブでのレギュラー獲得と代表復帰は簡単でない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカー日本代表の10番を背負っていた香川真司(25)は実に3年半ぶりの招集見送り。さらに3季目を迎えた英マンチェスター・ユナイテッドでレギュラー争いに敗れ、古巣の独ドルトムントに放出された。4年前に香川の才能を開花させたクロップ監督はトップ下での起用を明言したと報じられたが、レギュラー獲得はそう簡単ではなさそうだ。

「ドルトムントはケガ人が続出した昨シーズンの反省から補強を進め、選手層を厚くしている。香川がいた2年前とはメンバーが様変わりしています。トップ下を務めるアルメニア代表ムヒタリアンやドイツの至宝といわれるロイス、同じくドイツ代表ギュンドアンなど中盤はタレント揃い。いくら2年前に大活躍した実績があっても、レギュラーを約束されるほど甘くありません」(サッカージャーナリストの渡辺達也氏)

 ドイツリーグの現況も香川には向かい風となる。

「今年から大迫勇也や原口元気ら代表クラスの若手FWが続々と参戦している。これまでマンUという世界的クラブに所属していたから文句なしで代表に呼ばれていたが、今後は他の日本人選手を凌駕する活躍を見せないと存在が埋没してしまう。そうなれば代表復帰は遠のくだろう」(同前)

※週刊ポスト2014年9月19・26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香川真司 復活に向けレギュラー出場できる環境を優先すべき
元お天気お姉さん・甲斐まり恵の「アバンチュール」撮り下ろし
ほしのあき ペニオク詐欺に加担でレギュラー消滅危機の代償

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP