ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車で何を聴く? 1位はラジオ86%、2位はCD61%ー米ウォール・ストリート・ジャーナル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国人が普段自分の車で聴いているもの。5日、経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えた。調査会社エディソン・リサーチが、18歳以上2023人を調べた。結果は以下の通り。

ウォール・ストリート・ジャーナルより

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

新聞の見出しは、「ディジタル音楽が台頭してきても、ラジオは王道を維持してる」。グラフのキャプションは、「(ビデオは殺したが)ディジタルはラジオ・スターを殺していない」。

複数の回答。トップは86%でラジオ(AM/FM)だった。CDを聴いているという人達が61%もいた。iTunesやアマゾンでダウンロードしたmp3音源を聴いている人達は31%。衛星ラジオは17%で、パンドラ他のインターネット・ラジオは14%だった。勿論、衛星ラジオやインターネット・ラジオを車中で聴く環境が整っていない事もあろう。会社に行きたくない出勤時、早く帰りたい退社時、アメリカの人達は自分が好きなラジオ局に車のチューニングを合わせる。音楽を売りたいレコード会社からすると、ラジオが最も重要なメディアである事に変わりはない。日本の音楽業界とは最も異なる点だ。

新しい音楽を見つけるのはラジオからの75%。家族や友達からの66%で、YouTubeからは59%、パンドラからは48%だったそうだ。ちなみに12歳~24歳の若年層は、新しい音楽に接するのはYouTubeがトップで、83%がそうだと答えた。

余談だが、今アメリカでヒット曲をかけるラジオのTOP40局。予想では年末アルバム・セールスが爆発的に伸びると言われていたテイラー・スウィフト。しかし彼女のシングル「Shake It Off」を抜いて、新人女性シンガーのミーガン・トレイナー「All About That Bass」のかかり方が凄い。エアプレイ調査会社メディアベースのTOP40チャート(8月31日~9月6日)で4位になった(スーパー・スターのテイラー・スウィフトはまだ6位だ)。ミーガン・トレイナー、ラジオがどれだけ力があるのか、そしてどれだけ売れるのか、楽しみである。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP